不正選挙の黒幕 of 敗戦71年の真実

「ムサシ」敗れたり!<本澤二郎の「日本の風景」(2338) <千歳市で異様な開票> <期日前票の差し替え疑惑>
http://www.asyura2.com/16/senkyo205/msg/257.html
投稿者 笑坊 日時 2016 年 4 月 28 日 11:56:42: EaaOcpw/cGfrA j86WVg


http://blog.livedoor.jp/jlj001/archives/52136494.html
2016年04月28日 「ジャーナリスト同盟」通信

<北海道5区の補欠選挙で不正発覚か>

 ご苦労様といいたい。昨夜遅くネットに、北海道5区の補欠選挙において、不正が発覚した、との情報が流れた。心配していた事態の表面化である。選挙管理委員会は、直ちに票の再確認をする必要がある。選挙屋「ムサシ」敗れたり!か。議会・総務省など関係機関は、票の差し替えその他の疑惑の有無を詳細にチェックすべき義務があろう。選挙の不正は、民主政治の根幹を破壊する行為である。一点の曇りも許されない。有権者を納得させる公明正大な措置が求められよう。

<千歳市で異様な開票>

 投票率が30%に届く前にNHKなど報道機関は、自民候補を当確と発表したことに違和感を抱いたものであるが、そこには千歳市の開票での予想外の開票結果を想定していたことになる。
 そんなことはありえないわけだから、選挙屋「ムサシ」とグルになっていたのだろう。これでは7月選挙が心配だ。何としても「ムサシ」を排除する必要がある。野党も考慮すべき重大事であろう。

 判明したことは、千歳開票区での異様な開票結果の表面化である。22時の時点で野党候補は13500で、自民候補を1500も上回っていた。ところが、残余の開票の93%が自民候補だった?こんなことがありえようか。
 すなわち、13591票が自民、野党はわずか939票である。互角の争いが、千歳に限ってとんでもない開票となって自民が勝ったことになる。

<期日前票の差し替え疑惑>

 素人目にも不思議な開票と映るだろう。まずは、期日前票に疑惑が集まることになる。これの保管者は、信じがたいことだが、民間の業者「ムサシ」である。投票用紙も「ムサシ」が作成している。
 つまりは「ムサシ」は期日前票を自在に操れる、差し替えることもできる。不正はやりたい放題だ。これくらいのことは子供でも理解できるだろう。それが実行されたかもしれない。

<プログラム操作>

 自動開票機のプログラム操作によっても、結果をコントロールできる。
 なぜ、こんな危ない機器を投入しているのだろうか。素人には不思議でならない。「ムサシ」と政府の癒着のすごさを印象付けている。これも愚民向けの装置にちがいない。民主選挙も、聞いてあきれるばかりである。

 互角の選挙をしていた野党は、事実上の勝利者といえるが、実際はそれだけではなかったことになる。千歳市・北海道民・野党は反撃の再審査を求めて、徹底して不正を明らかにすべきだろう。

<手作業で再開票急げ!>

 いま千歳票はどこに保管されているのか。「ムサシ」に聞かないとわからないとすると、これもおかしなことである。
 選挙管理委員会は名前だけで、本来の役割を果たしていないことになる。重大な不正選挙に選管も関与している?
 票の差し替えには、筆跡鑑定者の力も借りねばならない。怪しい票を特定しなければならない。
 こんなことを書かねばならないとは、正直、政治に関与してきた者には情けなくなる。司法・立法・行政の3権と言論機関は、この事件を徹底解明する責任があることを銘記すべきだろう。7月選挙が心配でならない。

2016年4月28日記(政治評論家・日本記者クラブ会員)

3. 2016年4月28日 13:18:01 : Jo6cxVosdA : DfzZRP6QF7Y[1]

▲△▽▼

本文>「まずは、期日前票に疑惑が集まることになる。これの保管者は、信じがたいことだが、民間の業者「ムサシ」である。投票用紙も「ムサシ」が作成している。つまりは「ムサシ」は期日前票を自在に操れる、差し替えることもできる。不正はやりたい放題だ」
01>「状況証拠はそろったといえる。なぜ、民進も共産も黙っているのか」

                            やるな!「ムサシ」


  状況は、20121216の千葉4区に似ちょる、23時頃までは三宅さんも健闘しちょった、そいがこの頃以降猪ノブタ票割合が急激アップで、24時ころにやあ三宅1%:ノブタ99%くれえな極端となった。ムサシ側が時系列的にこうなるようにプログラム操作しちょった以外は考えられない、今次5区補選もムサシが仕掛けたかも知れない。しかし、問題の所在は、今回不正をやったやらないも重要だが、それ以上に、特定の業者の、その業者の製作機器に、投開票作業を丸なげしよることにある。こちらも重視したい。投開票作業のイノベート化を、特定業者の独占的事業に委ねてる問題を、俎板にあげるべきだ。
  投開票作業イノベート化推進は否定しないが,特定業者や機械に任せる以上、何らかのバックアップ体制構築で、その公正さ・正確さを担保する必要あるのでは。具体的には、開票作業終了後に、投票済用紙は公選法で保存が規定されてるから、その保存用紙への、時間と人手をかけた目指・手作業による再点検である。業者や機械は疑う視点である、民主主義の原点は、疑いであり怒りじゃあ。厳しさだ。ボランテイアを募れば、余裕時間ある中高年なんざ、いくらでも集まるよ。同時に、こうしたバックアップ体制構築は、国政調査権行使の一環として、国会内で国会議員が率先して関与すべきでは。選挙の投開票作業に対し、これだけ論議が高まってるのに、国会が何も動かないつうことは、ありえない。
  3週間前に、本阿修羅コメに、選挙作業イノベート化をテーマとして投稿したので、これは正に今日明日の問題なので、再掲する。


             「選挙作業のイノヴェーション化に緊急に対応せよ」


  百年一日の如く、おんなしような事を言っていてはダメだ。数年前から、こげんこつは口を酸っぱくしていっちょることだ。具体的に国会が先ず動く事を、提言してきた。不正選挙があったと騒ぐんじゃあない、開票作業は正しく行なわれているという前提で、国政選挙投開票作業機械化問題を、検証することを提言してきた。選挙機械化問題は、民主主義の根幹に関る問題じゃ。第一にこれを検証しないで、他に何をやるのだ。具体的には、全国末端の選挙作業現場では、ムサシとグローリーの選挙機器が使用されてるから、これら機器を検証せよという、提言だ。ムサシ機器に絞れば、開票作業は事実上ムサシの自書式投票用紙読取分類機テラックCRS-VAに依存している。テラックCRS-VAは正しく機能するとして、機械である以上100%信用してよいか、これを検証するバックアップシステムを構築する必要がある。CRS-VAのセールスポイントは、「投票用紙に書かれた候補者名や政党名などの手書き文字(漢字・ひらがな・カタカナ)を毎分660票のスピードで識別しながら予め指定した棚に自動分類します」という点にある。ハッキリ言って、これは嘘である。我が国のような、漢字やひらがな等文字も多種多様複雑で、書体も楷書・くずし字・其他多様な書体、これは到底機械は対応できない。機械が正確に対応できるのは、アメリカのような孔開け式の投票用紙、いわゆるマークシート用紙、これなら機械で十分だ。その不可能なのを、毎分660枚のスピードで読み取りかつ区分けする。こりゃあ無理かつ不可能だ。
百歩譲って、機械が正しく機能するとして、疑問が指摘さている以上、これを検証すべきでは。国会に選挙機器検証特別組織を作って、ムサシ幹部の都木なり、小林・羽鳥・辻等誰でもいいが、参考人として招致し、以上の機器の機能問題について話を聞くべきでは。何のための国政調査権なんだ。こうしたために、あるんだ。同時に、選挙機器特別組織は、ムサシ機器が正しく作動するか、あらゆる字体、くずし字・草書体・行書体等の模擬用紙で実験すべきだ。不正選挙があったという前提で対応しようとするから、それの証明問題から躊躇がはじまる。でなく、選挙作業の機械化というイノヴェーション問題として、対応せよちゅう提言だ。国会内組織による実験で、正しく機能することが証明されたとしても、更に選挙作業を正確・確実を期すため、開票作業後の検証のためのバックアップ体制の構築も必須だろう。選挙結果発表後に、一週間でも二週間でもいいからジックリと時間をかけて、保存投票用紙の目視・手作業による再点検作業を必須とし、そのための人員確保も制度化する必要ある。ボランテイア募れば、いくらでも集まるよ。同時に、再点検作業で、開票結果の誤謬発見の際は、即座に対応する必要だある。機器設置者の意図的操作や改竄等が発見の場合は、場合が場合なので、厳罰規定が必要だ。
  中央選挙管理会が新委員の下動きだした。日本共産党の佐々木憲昭氏も新委員に就任したが、以上の提言に対し、中央選挙管理会も対応できる部分があるはずだ、期待したい。

8. 2016年4月28日 15:37:30 : w7SikJBrCI : DM3x@Az4RSM[53]

▲△▽▼

05、
>共産と維新以外は政権を経験してるんだから、若しムサシで票操作できるなら民進もお仲間ということになるな。
そこんところが、君は分かっとらんようだから説明してやるとだな。今の、日本の、行政機構というのはだな、君が思っとるような政治家がコントロールしとる行政機構ではないんだな。逆に政治家が行政機構にコントロールされとる。例えば、つい先月アンパンマンのような顔をした所謂折り紙つきの有力大臣が別の法案の原稿に最後まで気付くことなく完読したのを覚えてんか。これはほんまに政治家が行政をコントロルしとったらありえんへんで。
もひとつはだな、鳩山内閣のとき、検察は小沢と鳩山を執拗に罪に陥れようと狙ったやろ。ま、鳩には母親からおっきな金額もろたちゅう負い目はあるがあれにしたって安倍が晋太郎の選挙資金相続よりは小さいし、小沢は全くのシロだったやろ?これってめっちゃわかりやすいんちゃう?政権のナンバーワン、ツーが行政機構から狙われてんで。行政機構が政権のいいなりならこんなことあらへんで。やつらは政権につく政治家の監視役兼工作室なのだよ。

そりゃ、小沢政権のようなのが出来て、まずは情報公開をすすめて、NHK読売朝日が報道しなくとも国民にあらゆる大型不正を知らせ、その過程で国民の声援を得て、現在の日本の「国際標準」から隔絶した密室選挙プロセスも透明にする、その前に検事総長を国会承認人事にする、なんちゅうことを10年くらいやれば、あのアメリカでさえ禁止にした電子投票集計機ーエレクトロニック某ティングマシンーつまりムサシ、も廃止できるけどな。

19. 2016年4月28日 19:01:26 : R75DU7sKuM : yct8fB4kp2c[1]

▲△▽▼

米国で追放されたマシーンによる不正選挙 なのに、日本国民の対応が鈍すぎるよね 

37. 2016年4月25日 12:45:13 : AKCmKcIaKJ : 3Xs5F37CC6s[2]


北海道の弁護士に告ぐ<不正選挙訴訟(当選無効)をすべき>

今回、当初の予定通り、野党は敗北という結果になった。
こういう「不正選挙」と呼ばれるものに対して、今回
一大弁護団を組織して、不正選挙の追及をやるべきである。

おそらく、北海道5区の大多数の有権者は参加するだろう。

それに、厳密に言えば、「原告適格」(原告として、告訴できる資格のあるもの)
は、北海道5区の人たちだが、この衆院補選というものは、広く
TPPというとんでもない憲法違反の条約、およびきたるべき
参議院選挙に非常に大きな影響を与えるものである。

つまり、「きちんと執行されていない選挙」で、多大な悪影響を
北海道全域の住民、ひいては日本人全体に悪影響を与えるものである。
だから「原告適格」は広い意味で言えば、日本人なら全員、
この選挙によって悪影響を受けるわけだから、関係すると
主張できる。

何が言いたいのかというと、
非常に、北海道全体および日本人全体に悪影響をおよぼすということと
すくなくとも北海道5区の住民は、非常に頭にきているはずである。

であるから、「不正選挙」追求の弁護団を組織したほうがよい。
今までの経験で言えば、
この不正選挙というのは、「電子選挙過程」が小規模に
形を変えて、入り込むことで、なしうるものなのである。
具体的にいえば、500票バーコード票とそれを読み取る
バーコードリーダーの部分で、票が電子データに変換されるわけだが
そこから先は、自由に結果が変えられてしまう。

これはアメリカの大統領の不正選挙で使用されたものであり
専門用語でアリスポスシステムという。
つまりarith-pos system
といい、arithmetics (算数、算術)プラスPOS システムという。
バーコードによってPOSデータに変えてしまうのだ。
<POSデータの原義>
POSとは、 「Point of Sales(ポイント・オブ・セールス)」 の略で、「販売時点」と訳 されます。 従って「POSデータ」とは販売時点、すなわち店のレジで販売(支払い)が なされる時のデータという意味です。 一般的には、「売上データ」とも呼ばれています。

この票のデータをPOSデータ(電子データ)に変換してしまえば、
あとは、算術を使って自由に変換できる。

http://www.pref.hokkaido.lg.jp/hs/shugihosensokuho.htm
選挙区名 確
定 1 2
和田 よしあき 池田 まき
(自由民主党) (本人)
札幌市厚別区    
江別市    
千歳市 * 25,591 14,439
恵庭市    
北広島市 * 13,419 15,200
石狩市 * 13,103 13,133
市区計   52,113 42,772
       
当別町 * 5,023 3,902
新篠津村 * 1,306 660
石狩振興局 計 * 6,329 4,562
       
北海道第5区 58,442 47,334

現時点(23時56分)で上記のデータとなっているが
この中で、北広島市は、和田13,419票、イケマキ15,200票だから、イケマキが勝利している。そして石狩市は、和田13109票 イケマキ13,133票だからこれも僅差でイケマキが勝利している。
しかし、千歳市が、おかしい。千歳市だけが、和田氏25,591票に対して
イケマキが、14439票である。
この千歳市は人数が多いため、500票バーコード票が使われているものと思われる。
この計算をする際には、500票ごとのバーコード票になるため
和田氏25500票、イケマキ14000票で計算してみると、合計値が
39500票のうち、和田氏が、65%、イケマキが35%の票数になっていることが
わかる。

つまり。ほかの北広島市や石狩氏では、イケマキが勝利しているにもかかわらず
ここだけ、約2倍の票の差異になっているのである。
これは、非常におかしい。

これは大阪府知事選挙でも見たことがあるが、
ある候補者の票数が途中でライバル候補者のほぼ2倍になるのである。

しかも途中から、ターボがかかったように加速していく。

アメリカで行われたものは
不正選挙 亜紀書房 に詳しく書いてある。
そこに書かれた不正の手口は小さく形を変えて
日本にも行われていると思われる。


法律的には
こういった、「バーコード変換によって
人間がチェックできないブラックボックスをつくりあげることは
憲法違反である。憲法第31条の適正な手続き保障が
行政にも適用されるべきであること(最高裁判例)に違反していること
とあとは、
国家賠償請求訴訟で地方裁判所からもやったほうがよい。

米国では、この電子不正選挙は、裁判によってプログラマーを裁判所によび
証言をさせた。元から実際の投票とは関係なく51対49で与党が勝つように
プログラミングしたと証言している。
その努力の結果、米国では
そしてついにブッシュ大統領(WITHカールローブ)が選挙で落選した。

そして千歳市では、持ち帰り票が4票と書いてあるから
これもおかしい。持ち帰り票と書いてあるが、おそらく期日前投票箱の
票数と実際の投票者数があわなかった可能性がある。
だから千歳市の票は再開票を要求して。開票してみればよい。
実際の票数では、イケマキの票数が非常に多いはずである。

とにかく
弁護士の人たちは、これが憲法を守る
最後の砦(とりで)だと思ってこの補選の
不正選挙を暴かないといけない。

もちろん、イケマキ氏も
この選挙の数えなおしを要求すべきである。
「当選無効」の訴えをすべき。
そして有権者も
「当選無効」の訴えを集団訴訟すべきである。

そしてネット上でわいている
「不正選挙」といっているのは負け犬の遠吠えとか
馬鹿ですかと書き込んでいる馬鹿は、官邸の怪人のアルバイトが
ほとんどであるから気にする必要はない。彼らの過去の投稿を見れば
一貫して不正選挙側を擁護する書き込みをしているからよくわかる。



国際評論家小野寺光一の「政治経済の真実」
http://www.mag2.com/m/0000154606.html


46. 2016年4月25日 16:26:43 : IJjjrLkBu1 : Tp0IihGPIW0[449]

  42さんに同意する。
  何事も、疑わしい場合には精査するべきである。特に機械読み取り式開票は、既に米国でブッシュの選挙の際に使用されて物議を醸したようであり、充分に疑わしいのである。
  だがそれとは別に、ジャッジは受け止めざるを得ないだろう。
  サッカーの試合でも、選手の前に立ちはだかってシュートを邪魔するような審判がおり、出すべきところでイエローカードを出さないような審判もいるが、チームとしては甘んじて受けなければならない。
  ジャッジは受け止めた上で、42さんの言うように可能な限り誰もが公正だと感じるような選挙を模索するべきだ。
  やはり投開票は、従来のように人手を使って、且つ投票箱をやたらに移動させない形でやるべきだ。
  つまり、誰もが信じ切っていたように、投票所が即開票所となり、箱を逆さにして投票用紙をぶちまけ、選管が選んだ関係者が一枚一枚開票して何度も集計、その場で立会人がつぶさに監視できる方法に戻すべきである。
  有権者が全く承知しないままに、銀行紙幣をソートするような機器が導入されたがために、わざわざ投票箱を十数キロ離れた開票所まで移動させている。その間は先導車が有る訳でも無く、全くの自由自在で、タクシーや乗用車が使用され、先の国政選挙では、自宅に立ち寄った者まで居たそうであるから滅茶苦茶である。
  そこで投票箱がすり替えられれば一巻の終わりである。
  また、プログラミングによるソート式機器の周辺は業者が付いていて立会人が幾ら見せてくれと言っても断られるという事である。
  聞くところによれば、会場設置からポスター貼りから、何から何まで業者が引き受けるという、選挙事務の丸投げが行われており、開票所では誰が選管か業者か分からない状態になっているようだ。ましてやそうなれば投票箱の移動さえも業者が行っている、と考えられるのである。
  結局のところ、立会人は、例えば体育館なら二階席であったり、開票所の隅の方の、殆ど様子が伺えない場所でしか見学出来ない事態となっているのである。
  近時北欧の開票光景をテレビで見たが、長テーブルの一方に開票者が手開票しており、反対側に、一対一の割合かと思うくらいに立会人が居て手元を凝視していたが、日本でもてっきりそういう光景であろうと思っていた有権者が殆どだろう。
  だが、全く違う光景が日本の選挙風景であり、総務省が選挙そのものを業界に丸投げしていたのであり、こうした丸投げに掛かるコストも、担当公務員の俸給を含めると二重の予算が掛かっていてもおかしく無いのである。
  少なくとも、選挙作業の業者への丸投げと、投票所から開票所への先導も無い移送、かつまた500枚づつ帯封をしてしまえば表面のバーコードだけが計数の頼りであり、中身を見ようとする立会人は業者から排除される、という事だけでも、選挙に対する有権者の信頼を損なうのである。
  選挙に対する有権者の信頼を失えば、国民代表議会制度そのものが崩壊する。
  不正を疑う有権者に対して負け惜しみだとか根も葉も無いだとかの批判以前に、少なくとも投開票が業者への完全丸投げと、プログラミングによるソート機器を使用した結果、立会人が付けなくなった事は重大な変更であるが、予算関係も含めて、国会に集う代議士そのものが知らない、という事であれば重大である。

59. 2016年4月25日 18:00:29 : riwgxq1iJ6 : Bd5Q3wVbe7A[211]


北海道補選は、何故、負けたのか? それはあきらかに不正選挙です。初めから宣言されたように49%対51%に集計ソフトは設定されています。いくら数えても機械はそういう計算になっています。手で数えたら間違いなく逆転しています。それを安倍は絶対にさせません。なにせ集計機械の会社ムサシの大株主。歯向かう訳にはいけません。とうとうやりましたか・・。ぜひ集計の意義をどなたか、訴えてください。ゴロゴロ変な投票用紙が混じっています。選挙管理委員会はすでにこの結果から買収されています。これが自民党の不正の実態です。気休めガス抜きで投票させます。実際は和田が勝つわけがないのですから。




60. 2016年4月25日 18:11:09 : HV5OehK4pk : OY2c7dFcJZc[52]


未だにウヨサヨみたいな頓珍漢な分析をしてるのか。この人は。
まあそれはいい。
今回も大阪維新の選挙の時と同じ手でやられたね
接戦になったときは、どっちつかずが最後まで残る。
その最後の切り崩しに今回は日経を使って10ポイント差がついていると
虚報を流させた。大阪の時は朝日がその役目を担った。
阿修羅にもバカ正直に敵の虚報を堂々と毎回流しているマヌケがいるが、
マヌケは死ぬまで治らないそうだから、それはそれでおいて置くとして
そういう虚報でも最後の最後で切り崩される。どっちつかずは勝ち馬に乗りたいからだ。
ダメ押しで安倍様のNHKが当確を虚報して、勝利の既成事実を作る。
事実、10ポイント差なんてついていなかった。
毎回同じ。配役が多少変わるだけで朝日、毎日、日経、NHKの組み合わせが違うだけ。
(だから朝日、毎日、日経、NHKはまた安倍に特上寿司をおごってもらうことだろう。
産経や読売は虚報を出しても全く信用されないからさすがの自民も使わないw)
負けは負けとして受け入れるんじゃなく、ちゃんと敗因分析はしておいた方がいい。
馬鹿馬鹿しいことに、前回も同じ事を書いて、今回もまた同じ事を書いている。
同じ手に二度も三度も引っかかるのは、バカウヨだけでいい。

大手新聞、テレビを見て信じている国民よ、現実はここまで選管は悪化、腐敗しているということだ
http://www.asyura2.com/14/senkyo175/msg/349.html
投稿者 真理を愛する者 日時 2014 年 11 月 28 日 15:48:55: NygxPubK8Q35E
>>
信じがたい開票作業の実態~こんなにあった選挙開票及び集計のブラックホール
http://blogs.yahoo.co.jp/nothigcat2000/24483851.html
以上から、次のような問題点が浮かび上がってくる。
1.立会人の統制業務の信憑性について~「立会人の承認と押印」はメクラ判
2.分類及び集計等ソフトは公的財産~プログラム内容が開示されて然るべきである。
3.開票に身元不明な派遣社員が総勢4分の1も存在し、開票に関わっている事実
4.読み取り分類機に加え、新たに計数機「ローレルバンクマシン」による不正操作の可能性
5.バーコード作成にムサシのソフトが介在しておりここでも不正疑惑が再燃
6.ムサシの集計段階での関与の可能性
7.愚かな公務員の開票に係る誤った認識~「速報」ではなく「適正」かつ「正確」を>

監視カメラは進歩したとも言えなくもなくソフトの開示も必須であるが、上記のようにブラックックホールはたくさんある。シンプル・伊豆・ベスト!


そもそも、投票用紙は選管作成ではなく、印を印刷したものをムサシが作成しているのであり、ムサシルートを使えば真券と全く同じ偽札がいくらでも手に入るということである。本来は選管が通し番号を記入・朱印を使って作成し、当日まで金庫などに厳重保管して盗難や火災に備えるため囲碁かマージャンをしながら寝ずの番で管理しなければならない。選管と選管委員長は、最初の段階から仕事をしていないということである。


さらに、開票に身元不明な派遣社員が総勢4分の1も存在し関与しているとすれば、開票は選挙管理委員会の管理下にないということであり、「選挙管理しない委員会」と改名すべきである。どうしても人手が必要なのであれば、地元の銀行や信金の職員を要請し、一万円札を数えるように手作業で念入りに数えてほしいものだ。


そもそも開票は陸上競技と違って分秒を争って報道する性質のものではない。更に投票箱を異動させるなどは暗躍の機会をムサシ一族に提供するだけのことであり、投票した場所で開票しなければ不正の入る余地が生まれるのは当然である。各投票所は、投票箱の閉鎖と同時に有権者を招き入れ、多くの観客が見守る中で開票すべきなのである。票の確定まで2~3日かかろうとも、地域の仕出し屋・スーパー・コンビニの弁当が売れて地域の活性化にもつながることだろう。


選挙もインチキマシーンを使うことなく、できるだけ原始的でシンプルなものとし、地域に密着したものとして実施すべきであり、地域のイベントとして盛り上げるべきである。

04. 2014年11月28日 17:10:44 : UlAm4z6t2w
ムサシによる選管委員の買収と接待は異常なほどで、選挙管理委員会もゴールドマンサックスのユダ金の手下となって不正選挙を行っている。ただの一企業の社員が、各投票所にて腕章をまいて監視している。いつ投票箱をすり替えるかと、凝視しながら、投票数をチェックしているのだ。彼らはあたかも選管委員のごとく立ち振る舞う。酒の酔いが消え入らぬうちに、接待した選管委員と目配せしながら計算機械に細工する。このデジタルソフトは数字をインプットとした数字がいとも簡単に明示される。数が多くて誰もチェックしない。投票総数にあてがわれる各派の比例票はこのようにして事前にカウントされていて不正が行われているのだ。あのスコットランド独立選挙でも活躍したこの機械は反対票の数字を訂正して見事に乗り切っている。おまけに管理委員が反対票を賛成票の上に置いて、すべて反対票に不正した映像のごとく、今回も手読みせずに機械の数字を信用させるのである。すべてはこのムサシの機械が不正の根幹である。民主主義を破壊するこの機械。いますぐ導入を禁止すべきである。これがアメリカ大統領選挙で成功し、民主党の代表選挙でも成功し、前回の衆議院選挙、参議院選挙で力を発揮し、この日本を破壊へと導いてきたのである。香川県の不正選挙は市長の英断があったからこそ不正の事実が暴かれた。今回も数多くの不正が発覚することだろう。楽しみだ。

12. 2014年11月29日 13:13:56 : QBrYpzDGwo
  今や、遠く何千キロも離れた遠隔地に無人偵察機を飛ばし無人攻撃機で爆撃することが出来るほど、電子的機能が発達している。地球も非常に狭くなった今、軍需産業は多国籍でもあり、世界中を仕事場とし、機会あらば兵器の購入を各国に促している。また傭兵事業や兵器産業に携わる者も増えていることだろう。
   それには、予算の采配権限の有るファクターを狙わねばならず、それが各国要人、政権党、ということにもなろう。
   であるからして、各国が要人を選出する際に、多国籍軍需産業有利となるような筋道を造ろうとすることは有り得るだろう。
   それが第一義的に選挙だとすれば、電子機器の導入、プログラミングによる操作、そして最小限の人数でかかわり、絶対に誰にも解らないようにすることは使命となるだろう。
   となれば、誰でもが納得するのは何の気なしに視るテレビ画像ではないか。
   例えばNHKによる出口調査。統計学を駆使しているのだから絶対的に正確だと認識されている。これだけ誤りに神経を使う企業体質の中でありながら、統計だから絶対確実として万歳三唱、勝利インタビューなどまでやり、開票前から既成事実として放映されている。
   出口調査員などに何十年投票しても会ったこともない、という有権者が殆どでありながら、「いや、統計学からいえば二千人程度のサンプルで大丈夫」とし、早々と「開票前ですが、出口調査の結果で当選者が出ました」「それでは、現地事務所から中継です」「ばんざーい!ばんざーい!」「勝利の一言をどうぞ」などとやっている。
   従前であれば、当選確実ですとは言うものの、勝利インタビューまでは無かったから、やはり開票が全て終了するまで固唾を飲んで見守っていたのである。
   これとコンピューターの開票プログラミングとどう関係するかと言えば、本当に少数の者しか関与しないで済む方法がこれだからだ。例えば、出口調査員からの数値報告が飛ぶ、勿論、出口調査員の仕事はここまでだ。そしてその数値がNHKへ飛ぶ、NHKとしては、出口調査の結果を報道するだけだ。それを合図に、開票機器の数値が入れられる。その数値は各開票所のプログラマーが入れるのではなく、どこか遠隔地から入れられるか、既に入力は済ませて有るかも知れない。
  有権者が各地で箱の隙間から入れた用紙は箱の中では一枚のビニールのように真っすぐになる。コンピューター技術があれば、再度白紙にも出来る代物だ。
  要は、開票前から全ての人間を、「あー、開票前だけどもう判明したのかー、出口調査って凄いんだなー」と、結果を納得させることが大事なのである。それにはメディア、しかもNHKという半国営のような放送局があれば完璧だろう。
  遠く何千キロも離れた場所からミサイルを無人で飛ばせる時代だから、国外であってもたった数人、もしくは一人の人間でも各国要人の選定は充分可能であろう。これなら選管を始めとして、あらゆる関係者は全く何も知らないで済むのではないか。投稿者の懸念を読んで、関係者を最小とするための方策として、このような想像をしてみた。

17. 2014年11月29日 15:09:05 : 8q3qeXT2cg

04. UlAm4z6t2w 様へ  貴重な情報、ありがとうございます。

 ――――――――――――――――――――――――
  不正選挙糾弾のための集団訴訟を提起せよ!(1)
 ――――――――――――――――――――――――

2013参院選挙結果を見て頂きたい。読売オンラインと総務省発表結果をもとにした。

下記の各県では、生活・みどり・社民各候補の比例票が選挙区票に比べて極端に少なくなっている。温度差はあるものの、この3党はいずれも反原発・反TPP ・反消費増税などを掲げていた。ネット上で「2012衆院選では未来票が捨てられた」との書き込みが多数あったが、それと同様の結果となっている。特に、山形:舟山候補の比例票は信じられないほど少ない。明らかに異常である。


>☆☆☆ 開票結果に見る 2013.7.16参院選挙の不正 ☆☆☆
http://www.asyura2.com/14/senkyo166/msg/320.html#c50
1、生活、みどり、社民~選挙区で落選。選挙区票に比べて比例票が激減。
・青森 平山 幸司(生社ど)選挙区 76,432 - 比例区23,167 =  53,265減
・山形 舟山 康江(ど・社)選挙区252,040 - 比例区19,920 = 232,120減
・新潟 森  裕子(生活) 選挙区165,308 - 比例区45,182 = 120,126減
・島根 亀井亜紀子(ど・社)選挙区115,043 - 比例区11,108 = 103,935減
~上記候補者を支持する有権者の比例票が、他の政党のものとしてカウントもしくは廃棄されたと推測する。舟山氏の比例票はあまりにも典型的であり、選挙区票も疑わざるを得ない。とてもじゃないが信用しろと言う方が無理である。>

山形選挙区の詳細は、下記のように発表されている。
(←)は、選挙区に候補者を立てていない政党の比例票である。
>>詳細は下記を参照ください。(自作) 
1>「第23回参院選挙分析表」http://kie.nu/2jRd
2>「第23回参院選挙分析」 http://kie.nu/2jRh
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
*政党名  *候補者名   *選挙区票   *比例票
自民党   大沼 瑞穂    272,779 ーー 226,769当選
公明党   (なし)     ***     57,413 ←
民主党   (なし)     ***     119,708 ←
維新の会  (なし)     ***     37,698 ←
共産党   太田 俊男    33,718 ーー  33,887
みんなの党 (なし)     ***     28,193 ←
生活の党  (なし)     ***      6,826 ←
みどりの風 舟山 康江    252,040 ーー  19,920
社民党   (なし)     ***     19,556 ←
新党大地  (なし)     ***      2,035 ←
緑の党   (なし)     ***      5,101 ←
幸福実現党 城取 良太     7,193 ーー  1,763
(得票総数)        (565,730)  (558,869)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ここで特筆すべきことは、舟山氏を擁立している「みどりの風・比例票」があまりにも少ないことである。それに比べ、選挙区で候補者を擁立していない政党の比例票の多さである。特に、消費増税を宣言して逆風にあった民主党、そして唐突な野田自爆解散の民主党が候補も立てずにこれだけの得票を得るとは、あまりにも不自然ある。さらに、公明、維新、みんなの3党も大いに疑わしい。みどりの風の比例票をみんなで山分けしたのではないかという強い疑念が湧いてくる。

しかし、政策の近い共産・生活・社民・大地など、比例票は他の政党へ流れたとの異論があるのも当然である。列挙すると、共産169(=33,887-33,718)、生活6,826、社民19,556、大地2,035であり、合計は28,586票。この28,586と、みどりの比例票19,920を加えても、48,506票である。

舟山氏の選挙区票252,040票からこの48,506票を引いた203,534票は、いったいどこへ行ったのか。有権者の意思として上記以外の党へ流れたとは考えにくい。票の集計作業をする関係者の「不正」によって他の党の得票とされたのではないのか。


山形選挙区の開票結果は、極めて異常であった。山形県の有権者、その中でも「みどりの風:舟山康江候補」に票を投じた人達は、有志を集めて「検票のための集団訴訟」を提起すべきである。仮に、舟山氏に投票した有権者が25万人として、投票者の5%が集まれば1万人を超える。原告1万人規模の集団訴訟である。各原告が1万円を拠出すれば1億円という訴訟のための費用が捻出できる。訴訟の核となる人々に集まって相談していただき、是非とも集団訴訟に踏み切ってほしい。


ちなみに、舟山氏は農林水産省出身の元官僚であり、食の安全や食糧自主権を大切にしてきた人物である。一方、公正取引委員会は参院選後、舟山氏を支援した地域であるJA山形にカルテルの疑惑と称して強制捜査を掛けている。露骨な弾圧である。弾圧をうけた関係者は、怒りに燃えて提訴し、是非とも不正を暴いてほしい。


>反TPPの候補を応援したJA山形、何故かカルテル疑惑をかけられ強制捜査される!自民党による圧力か!?
http://saigaijyouhou.com/blog-entry-645.html



不正選挙を暴け!

不正選挙のくり返しをこれ以上許すな!
http://www.asyura2.com/14/senkyo175/msg/216.html
投稿者 flatheat 日時 2014 年 11 月 25 日 13:27:48: BeEFwHm8Uhdok



2012年衆院選、2013年参院選に続いて大掛かりな不正選挙で政権の維持をもくろむ安倍晋三は、アメリカ一極支配からの離脱を決定したG20で各国首脳から完全に無視された後、帰国後ただちに衆議院の解散を強行し、衆議院選挙の実施を発表した。

不正選挙はもはや「疑惑」ではなく、すでに高松市の選挙管理委員会が不正選挙に関与した事実が判明し、選挙管理委員会事務局長ら3名が逮捕されている。
https://www.youtube.com/watch?v=_fs12-dwP2g

さらに、2014年7月5日に不正選挙追及を続けるリチャードコシミズ氏に創価学会婦人部員と名乗る読者から不正選挙のあて名書きを命令されて実行したという内部告発が寄せられている。
https://www.youtube.com/watch?v=WgAt8zHi1I0

2013年参議院選挙で実施された市民出口調査は実際に発表された開票結果と大きく異なる結果を明らかにした。
https://www.youtube.com/watch?v=YHGiqRpYgrU

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2013年7月の参議院選挙、東京都杉並区桃井第三小学校投票所での調査結果。

・調査内容は、第一に選挙区、比例区で誰に、どこの政党に投票したか、投票する時に何を重視したか。そして第二に、投票者の数を数えること。

・ この出口調査の結果、得票の1位は無所属の山本太郎。(実際の選挙結果は3位)1位だった自民の丸川珠代より3ポイント上だった。民主党の鈴木寛は出口調 査では3位で当選圏内。(実際は落選)公明党の山口なつお氏は出口調査では9位で得票率が4%と低い。なぜこれで当選できるのか?

・統計的に検証すると「出口調査の結果と実際の選挙結果がこんなにも差が出る確率は、0.1%未満である」とのこと。

・この調査の結果を検証するために、第三者の立ち会いのもとに、投票箱を全部開けて調べるべきだ。

・この出口調査をはじめると、選管によって警察に通報され、事情聴取を受けた。住民の当然の主権の行使に対して、選管がこれほど民主主義に反することをやるということ自体、情況証拠として真っ黒。

・メディアはまず「投票率は低い(午後6時頃で33%)」と報道した。しかし、選管に問い詰めたところ、同じ時間で43%と、10%も高かった。一つの投票所の調査とはいえ、メディアの報道内容にも大きな疑問を持たざるをえない。

・出口調査で「何を重視して投票したか?」という問いに対して一番多かった答えは、「原発反対」、さらにに「反自民」も多い。これはメディアは民意を意図的に曲げた報道をした、と言えるのではないか。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

国民の意思を示す民主主義の根幹となる選挙が公正に行われていないという驚くべき現実が私たちの前にある。不正選挙を防止するためのキャンペーンを大きく広げていこう。
http://blog.goo.ne.jp/flatheat/e/3e80193758dbc9ed8e379797fa1ac339


04. 2014年11月25日 17:37:21 : C3lq0gpU9A

  どこか忘れたが、開票したらゼロ票の候補者がいて、「ワシの入れた票はどうなったんだ?」と言う投票者が現れて大騒ぎになった。
  開票をやり直すべきだったが、選管はそれを拒否し、30日の保管期間の終了を待って廃棄処分(証拠隠滅)しやがった。

  選管が自ら違法行為をしていた事を証明したようなもんだ。






05. 2014年11月25日 18:26:39 : z43vWqqIzM
国民が忙しい中、国を思い、生活を考え、自己防衛するための最後の手段として選挙に投票に行っても、その集計段階で、ユダヤ資本の子会社である、ムサシマンサックスがそのいかさま機械で、集計を誤魔化すことができるため、全くの国民の義務と行為が無駄となった前回の選挙。私企業であるムサシの社員が、全国に選挙管理委員でもないのに、腕章をつけて張り込んでいる。開票と同時に投票箱のすり替えはもちろんであるが、県単位の、ブロック単位の数は事前に拵えてあるとおりの結果で報道されることになっている。前回の不正選挙で高松の市長が数えなおしをしたら、やはり数が語任せれていたことが明白となった。その責任は誰もとらない。未来の党の票は消され、自民に上乗せされた。このように国民の主張をないがしろにした当事者たちの出入り禁止は勿論、性に参加した悪党どもは死罪にも匹敵する。あの大戦へと導くこともできるからである。肥大化したとの理由でさぼり癖のついた選挙管理委員会。下請け企業に丸投げしその結果さえも鵜呑み状態。創価学会の組織偽投票も発覚。しかし誰も取り上げようとはしない。なぜなら嘘がばれるからである。この国は嘘をついても平気な国になってしまった原因は、やはり政権に復活するためには何でもありの自民党の魂胆あってのたくらみが原因である。もう二度と自民党には政権につかせてはいけない。骨身にしみている。アンフェアな政党、自民党である。


07. 2014年11月25日 19:16:31 : 8q3qeXT2cg

>>05 御意!
投票用紙や集計システムなどの全てがムサシと言う民会会社に委託・丸投げである。本来なら、投票用紙は選管委員(長)が朱印を押し、当日まで厳重に保管しているべきだろう。ところがどっこい、投票用紙はムサシが作成・ムサシが発行というデタラメぶりである。要するに、ニセ札が真剣として流通している状態である。

選挙は米国・メキシコ同様のインチキである。公正な選挙実現のためには、昔ながらの手作業で自治体ごとに選管委員長の印を押し、用紙に通し番号を付けて厳重に保管し、開票は当然公開し、人間の手で時間をかけて確認すべきである。同時に、武装した国際選挙監視団の派遣を要請すべきである。



>日本が追従する? 米国不正選挙の呆れた実態
http://deeksha777.blog88.fc2.com/blog-entry-271.html
>米大統領選に欧州から選挙監視団 2004.08.09- CNN
http://www.asyura.com/0406/war58/msg/353.html
>開票0%で’当確’がでる?【不正選挙・メキシコと日本】http://enzai.9-11.jp/?p=13470
~『票を投じる者が決定するのではない。票を数える者【集計ソフト?】が決定するのだ』メキシコの民主主義は、葬られた。今年のメキシコ大統領選では投票数と開票数が異なる不正、裁判では白。日本でも同じ結果になるだろう。
>不正選挙裁判一覧 ~ 猫旅館女将の不正選挙頁
これだけ多くの不正選挙がらみの裁判が行われたのは、日本の選挙史で初めてのこと。  
https://groups.google.com/forum/#!topic/asyura_bbs5/zhfpgPXAM7g
http://www.marikadance.com/m/fuseisenkyo5.html ←元リンク先=消されてます。



インチキ選挙撲滅!


09. 2014年11月26日 03:19:17 : QBrYpzDGwo
 何よりも、ムサシという選挙請負事業者が選挙関連の全てを請け負うという事態を国民有権者は全く周知されていないのである。殆どの有権者は投票が終わったらそこが開票所となり、投票箱をひっくり返して中身を出し、自治体担当者が開き、数えるものと思っている。
  ところが、開票所に自動計数機を置いてあるので、そこまで投票箱を十数キロも移動させるのに、自家用車やタクシーを使用し、しかも警察や選管の先導も無しに運んでいる。途中で自宅に寄ることも可能なようである。
  従って、投票が終わって開票が始まるのは一時間も後のようで、即日開票と言っても実態は時差がかなりある。
  ところが、殆どの有権者が何十年投票しても出会ったこともないと言うNHKの出口調査で開票前から当選者が判明した旨公表があり、当選確実どころか、完全当選として万歳三唱、勝利インタビューが投票終了直後に行われている。一体スタッフのスタンバイは何時からなのか。
  出口調査で判明させるのなら、有権者に国として周知する必要が有る。いい加減に答えてはならないからだ。大体、一々会場を設定し、ブースを設け、隣の人に見られないように氏名を書き、かつまた小さく折りたたんで投票箱の隙間から入れるといういわゆる秘密事項であるのに、出口で公表してしまうのでは全く意味が無い。であれば出口まで来てそこで調査員に聞かれた者だけが答えれば良く、投票行為も設営も、開票すらも不要であろう。
  統計を取るというのは、実数が出ない場合に概算を出すために参考資料とするものであり、現実に投票用紙に記名した実物が有るのだから、それを数えるのが最も正しい数値が出るのだ。何も統計を取るような性質のものではない。
  今回の選挙にかかる費用は700億円だそうだが、NHK出口調査員への謝礼だけで済むようなものを、それ以外の「選挙らしきもの」に多額の金をかけているということになる。
  いずれにしても、開票作業が、投票用紙を専門家がプログラミングした機械で計数したり、その前に出口調査にいい加減に答えてはならないなど、国民有権者に選挙の態様が変わっていることを国が周知するのが、民主国家としての最低の義務だろう。




14. 2014年11月26日 12:06:40 : 8q3qeXT2cg

不正選挙裁判が数多く提訴されている。「1票の格差」裁判ではなく「不正選挙裁判」である。
マスコミやTV局は低俗極まる「お笑い番組・芸能人のスキャンダル」など放送している場合ではない。

民主主義の根幹を揺るがす「不正選挙」を大々的に報道すべきである!「大スクープ」である。
・・・が、読売・電通支配のTV局 もグルなので黙殺しているのだ。腐敗の極みである。

提訴している個人・団体は、日本外国人特派員協会で会見し、世界に発信すべきである。
また、国連人権委員会に提訴し「米国を除く国連軍の選挙監視団」の派遣を求めるべきである。


>不正選挙裁判一覧 ~ 猫旅館女将の不正選挙頁
これだけ多くの不正選挙がらみの裁判が行われたのは、日本の選挙史で初めてのこと。  
https://groups.google.com/forum/#!topic/asyura_bbs5/zhfpgPXAM7g
http://www.marikadance.com/m/fuseisenkyo5.html ←元リンク先=消されてます。

☆スターリン「票を投じる者が決定するのではない。票を数える者が決定するのだ」
☆衆・参・都知事選挙のいずれもムサシ不正選挙。原発推進・戦争国家もこの結果です。

☆主犯および共謀者は、TPP・戦争国家推進を目論む多国籍企業集団とその手下
~米国・多国籍企業群・ハゲタカ外資、CSISジャパンハンドラーズ、経団連、官僚機構・総務省・東京地検・裁判所、選挙管理委員会、ムサシ、電通、博報堂、国会議員、元国会議員、総理・閣僚経験者、大手新聞社、各TV局、チームセコ―、その他のマスゴミ など

☆6月3日23時30分
検索「不正選挙」266,000,000ヒット、「不正選挙 裁判」3,470,000ヒット

☆訴訟激発! 100件を軽く超えている。
これだけ多くの不正選挙がらみの裁判が行われたのは、日本の選挙史で初めてのこと。  


** 日付はすべて平成25年 < 平成24年12月16日 衆議院不正選挙裁判 >
<< 被告 >>        << 原告 >>
福岡高裁・福岡選管  犬丸勝子氏。第二回口頭弁論[2月27日)まで行う日本で唯一の不正選挙関係裁判。
東京高裁・中央選管  第4号裁判 我々の裁判。原告4名。唯一の団体裁判。東京都23区2名、都下1名、神奈川県川崎市1名。
東京高裁・中央選管  第6号裁判 谷XX之氏、昭島市。取り下げ。東京都選管はこの取り下げをとても喜んでいた(3月1日の東京都選管との電話会話による)
東京高裁 第7号裁判 西xxx氏 埼玉所沢。
東京高裁・埼玉選管 第12号裁判 佐XX子氏、 埼玉県さいたま市。取り下げ。
東京高裁神奈川選管 第14号裁判 田XX道氏、 神奈川県横浜市港区。 
東京高裁・中央選管 第18号裁判 村おばん氏。横浜市。藤島訴状と一字一句同じ。取りまとめられ、抗議の自筆書簡提出。裁判当日欠席。
東京高裁・中央選管 第25号裁判 稲xxx氏。京都市伏見区。
東京高裁・中央選管 第29号裁判 犬丸勝子氏。福岡。
東京高裁・中央選管 第X号かX号か不明。山xxx氏。横浜市保土ヶ谷区。
最高裁判所 第27号裁判 原告団を細分化された判決に対しての不服申し立て上告。第4号裁判で27号にふりわけられたうちの6名。
東京高裁・中央選管 第28号 原告:岡山県南区
東京高裁・中央選管 第29号 原告:福岡市東区
東京高裁・中央選管 第30号 原告:山梨県北杜、東京都町田市 合計2名
東京高裁・中央選管 第31号 原告:滋賀県彦根市
東京高裁・中央選管 第32号 ~ 33から50号まである 後日記載
         第51号 原告:鹿児島県
平成25年7月21日 参議院不正選挙裁判 このページまだ、できていない。 情報おわかりになる方、教えて下さい。お願いいたします。
第 94号裁判  RK関係
第101号裁判  RK関係
第102号裁判   リチャード・コシミズと原告団
第105号裁判  意外な顔ぶれの男性5名の原告
東京高裁・東京選管 第108号裁判 元原告と6名の追加原告
その他たくさん。あと数百あるかも。・・・>



不正選挙・追放!

50. 晴れ間 2014年11月27日 10:53:39 : FhUYgDFvAt2/E : xni5yVaf3k
開票作業に機械を使うのを止めて、手作業に戻せばいいだけです。
立候補者の代理人と、地域有権者の代表代理人(自治会長等)が立ち合う。
有権者は誰でも、その作業を間近で監視する。
私は実際に、フランスの選挙でその作業を見ました。
透明アクリル樹脂の箱の中に、全ての票をあけて、一票一票手作業で確認していきます。(手書きの票は目隠し用の開封筒入り。) 有権者ではない外国人でも、アクリル箱をのぞき込めるくらい(50cm以内)の間近な距離で、観察できます。
もちろん、投票所と開票所は同一です。投票箱の移動など、言語同断。
大勢でやる作業ですが、無給だと思います。

民主主義には手間とコストがかかります。お上にお任せ、機械にお任せでは、不正を誘っているようなものです。

自民党、公明党は別にして、全ての野党が、機械の使用を禁止する法案を出すのが近道です。自民公明も、やましいところがなければ、賛成すべきでしょう。

51. 2014年11月27日 11:53:16 : QBrYpzDGwo
 結局のところ、公共事業対策の一環としてムサシを使うことがまず最初にありき、なのでこういうことになるのだと思う。
  前の衆議院選挙の際にも随分選挙のやり方が変わってしまったことから、ムサシという選挙の一切合財を請け負う事業者の存在がどなたかの情報で浮かび上がった。まさに、場所の設営から用紙に至るまで、全てムサシが請け負うのである。
  そして阿修羅内でも論戦となり、関係者も選挙制度改革に頑張っているんですよ、の迫力有るコメントに追ってみると、早稲田大学マニフェスト研究会に行き当たり、そこが全国津々浦々の開票状況をデータ化し、開票に掛る時間を「コンマ1秒の選挙制度改革」と称してランク付けしていた。コンマ1秒!これでは、早く投票所も閉めたくなる訳だ。
  公務員というのはランク付けに弱い、というか、ランク付けが利権確保に好都合ということも有るだろう。当時の教授は北川という元三重県知事であり、「コンマ1秒の改革から始まる自治体業務改善・スピード開票実践マニュアル」などという教科書様のものまで「ぎょうせい出版」から出していて驚くのである。これが自治体の努力だというのであるが、けし掛けた恰好になったのは否めない。
  追い詰められた自治体関係者が程なくしてムサシが奨励する計数機器を導入することは目に見えていただろう。北川元知事も、産学によるファイナンスを目指していたようだから、高額の計数機器が飛ぶように導入されることは計算済みであったのではないか。その前段として、北川教授の主催する早稲田大学マニフェスト研究会によるコンマ1秒の開票ランク付けが有ったのではないか、と思うのである。
  結果的に、有権者の全く預かり知らぬところで選挙の態様が様変わりしており、投票所は開票所にならず、車で先導も無しに運ばれ、投票所は早々に締め切られるところが続出、しかしながら開票が始まるのは投票終了後一時間も経た後、という出鱈目が起こっていたのである。ここにNHK出口調査によるたかだか数千人のアンケートによる当選者発表が重なればもう無茶苦茶であろう。
   いずれにしても、ムサシに血税からどれだけのコストが投入されているのか、果たしてプログラミングによって計数される投票用紙と実際の手作業による集計とを突き合わせないで良いのか、双方にコストを掛ければ膨大であるのだから、プログラミング機器を誰にも触らせないような不信を抱く方策では無く、担当公務員による手作業を、投票所を開票所にして二回も繰り返せば充分ではないか。
  そしてNHKが開票も始まっていない内から当選者を公表し、万歳三唱、勝利インタビューなどする必要が果たして有るのか。票という実物が有るのだから、統計など取る必要は無いのである。公表が先では、後からプログラミングで合わせれば間違いが有っても辻褄を合わせられるじゃないかと疑われても仕方が無い。
  こうした事に肝心の議員が無関心、無知であるということで、国会、議会が茶番で成り立っており、議員が官僚の広報担当に過ぎないとの確信を生むのである。

70. 2014年11月27日 17:06:58 : QBrYpzDGwo
   52さんと58さんは、不正と早打ち(というのか?選挙速報は)は関係無いということであるが、あくまで疑惑であるから、関係の有無というより、個別に不信感を持っている、ということである。それは、結び付けようと思えば幾らでも出来る。宝くじだとか、抽選だとかの類でもルーレットを回す前からマスコミにおいて当選者が発表され、ルーレットが回ってから「やっぱりAさん当選でした!」とされれば「え?」と思い、報道機関を利用した関係組織のインチキを疑う。
   少なくとも十年程前には当選確実、という報道は開票過程で有ったが、いつのまにか、票を数える間もなく「出口調査で判明しました」と言いつつ、万歳三唱、勝利インタビューまでやっている。昔は固唾を飲んで逆転が有るか、見ていたものだ。NHKは票を数える経過を無視し、「出口調査でもう分かっちゃった」、と言うんだよ。これってどうなのかな、ということだ。
   NHKが民間報道機関だというならそれも良いが、国政選挙というのは国家の基本的な枠組みが決まるものであり、例えば組閣にしたって、発表があるまで報道してはならないんだろ?それと、議会に出す代表議員を決める事は同じだよ。
しかも、NHKは民間企業からのコマーシャルで成り立っているのでは無く、視聴者から料金を取っている。かつまた国際放送、放送研究部門には国税が拠出されているのだから、国民が全く関係無いなどと言うことは無い。金を出せば口も出すのは当たり前だろう。株主と同じようなものだ。
   国政選挙はきちんと実物の投票用紙が存在するのだから、統計で概略を公表する必要も無い。NHKの役割は少なくとも刻一刻と開票が進む途中で、誰候補有利とか、何党有利とかを知らせるのが任務の限界だというものだ。統計専門学者で有っても統計の落とし穴というものに言及しているのに、勝利インタビューまでしてその気にさせ、違いましたとは言えないだろう。娯楽番組と同じで間違いもご愛敬だとでも言うのだとすれば、国政選挙の娯楽扱いはどうなのかという事だ。
   とにかく、コンマ1秒の開票マニュアルと、開票所のランク付けによって焦った自治体が機械を導入、そして開票前からの当選発表が有り、これが暗号でも有るかのように、プログラミングされた機械を通る。順序が逆だから不思議なのだがこれは勘に過ぎないから、そこから先は国家としての姿勢の問題となる。我らは間接民主制を採る租税国家の国民としてやるべきことはやっている。税金を納め、選挙で税の使途を論議する代表者を送り出している。議会が総意でどのような国家を造るのか、主に代表者で決めることであり、国民有権者は多数決システムで決定され、施行された実務に対して異議を唱えるとすれば、基本的には政策、施策が、憲法、基本法の原理原則から逸脱しているか否かの訴訟しか無い。
  だからこそ、基本法を制定し、税金の使途の優先順位を決める代表者を出す機会は、疑惑を持たれるようなやり方では無く、公明正大にするべきなのだ。投票、開票システムが変わり、税金を使って民間委託するなら、不正であろうが無かろうが、疑惑を生むような開票システムを是認するのか否か、兎に角きちんと有権者、納税者に知らせるべきだと思う。

72. 2014年11月27日 17:55:44 : 8q3qeXT2cg

>>40さんへ

安倍自公政権は米国・財界主導の不正選挙によって権力を不当に奪取しました。

そしてメディアを抱き込み、日本国民を貧困・餓死・自殺に追いやり、外資・財界・多国籍企業に膨大な利益を提供し、特別会計を膨らませて天下りを推奨し、米国ネオコンの利益のために日本を軍国主義国家に作り変えてきました。断じて許しがたい事です。


一方、真実を伝え、悪を暴こうとした人たちがいます。

石井紘基、長谷川浩、岩路真樹、三井環、佐藤栄佐久、小沢一郎、永田寿康、植草一秀、鈴木宗男、鳥越俊太郎、森田実・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

しかしながら、正義感に燃えて行動を起こした各氏は、殺され、冤罪にはめられ、腐敗するマスコミ界から追放されてきました。日本の政治は殺人・暴力をも厭わない利権まみれの不法集団が支配しており、大手メディアや司法も下部組織となっています。


衆・参・都知事選挙の結果は、あまりにも一般国民・有権者の意思とかけ離れたものでした。参院選後、森ゆう子氏は激減した生活の党の比例票について疑問である旨の発言をしていました。また自分も参院選挙結果の異常さを目の当たりにし、発表されたものを基に整理・分析し、不正であるとの確信を得ました。そして生活の党宛に下記のファイルを添え、不正選挙への取り組みを促すメールを送りました。しかし、この件について目立った活動は無いように思います。

1>第23回衆院選挙分析pdf. http://kie.nu/2jRh
2>第23回衆院選挙分析表pdf. http://kie.nu/2jRd


その後メディアからは、香川県高松市の票の改ざん、青森県平川市で議員による買収、東京高裁の不正選挙裁判の法廷の様子が録画としてネット上にアップされたことが報道されました。一方、有志によって100件を超えるほど多くの不正選挙裁判が提訴されているものの、ほとんどが審理もなく却下されています。ニュースとしての価値は極めて高いと思うのですがメディアは黙殺しています。

裁判所が公正な選挙を担保せず、報道が黙殺するという現状です。つまるところ、民主主義も公正な選挙も画餅であり、利権に与る不法集団が政治の実権を握っているということです。

青森県出身の知人の話によれば、選挙の不正は昔からあったとのことで、国政選挙で投じられた票が大量にトイレに投げ込まれていたと言います。恐らく選挙の不正はかなり昔から行われており、投票する国民だけが事実を知らなかったのでしょう。


選挙の公正さに疑義があれば、候補者自身が提訴できることになっており、犬丸氏が実際に提訴しています。しかし、司法・マスコミを含む暴力集団を突き崩すことは難しいでしょう。逆に、石井議員、長谷川主幹、岩路ディレクターのように、本人や家族・関係者の身に危険が及ぶことも十分考えられます。


国民の支持を得ていない政権の政策は、国民生活を破たんに導いています。最近の県知事選挙、首長選挙結果を見れば、自公の推薦する候補は敗北の連続です。自公は、多くの国民の支持を既に失っています。


不正選挙裁判を始め、不正選挙に関する情報が広く国民・有権者の間に広がってきています。今回の衆院選を契機に、多くの国民・有権者の自覚に基づく圧倒的な投票行動により、不正によって強奪した不正政権を壊滅させることが可能であり、迅速・効果的な方法ではないかと考えています。



>開票0%で’当確’がでる?【不正選挙・メキシコと日本】http://enzai.9-11.jp/?p=13470
~『票を投じる者が決定するのではない。票を数える者【集計ソフト?】が決定するのだ』メキシコの民主主義は、葬られた。今年のメキシコ大統領選では投票数と開票数が異なる不正、裁判では白。日本でも同じ結果になるだろう。

>日本が追従する? 米国不正選挙の呆れた実態
http://deeksha777.blog88.fc2.com/blog-entry-271.html

>☆☆☆ 開票結果に見る 2013.7.16参院選挙の不正 ☆☆☆
http://www.asyura2.com/14/senkyo166/msg/320.html#c50



インチキ選挙・撲滅!

90. 2014年11月28日 21:55:56 : QBrYpzDGwo
   87さん、あくまでも推測だからね。要は、投票所を開票所にし、そこで投票箱をひっくり返して開けて担当者が二度、三度と数え、中央に集約すれば簡単な話であり、そもそも多くの有権者はそう思っていたということよ。ところが、開票所に電子計数機を設置したがために、わざわざ十数キロも自家用車やタクシーで運ぶのよ。先導車も無しにだよ。そこまでやるなら大事な投票箱、鍵まで掛けるのだから、警察の白バイが先導したっておかしくないでしょう。むしろそうするのが常識でしょう。途中のすり替えなども考えられるのだから。
  さて、NHKによる出口調査で完全に勝者判明が近年の選挙の光景だ。開票前から当該の候補者の事務所にスタッフがスタンバイしていなければ、万歳三唱、勝利インタビューの画像は取れない。それは、出口調査で既に勝者が確定しているからでしょう。既に勝者が解っているんだよ。これは事実でしょう。
  投票所が開票所になるのでは無く、十数キロも移動するのだから、開封は一時間も経てからだ。その頃には関係者は皆NHKの速報で当選者を知ることが出来ている。知ることが出来ていて、もしだよ、もし当選させたい候補者がいるとすれば、出口調査で判明しました、という報道があれば、誰しもがそうか、と思うだろう。宝くじと同様、どこの誰が当たっているか分からない。発送を以って当選発表に代えさせていただきます、系のものは、100人へと言っても、一人にだけしか賞金を出さなくても誰も追跡出来ない。出口調査も無記名である以上、集計してしまえば何処の誰が、誰に入れたか解らない。調査アルバイトだって何人か出口で抜き打ちするだけで、自分がどこの誰に聞いたかなんて記録しない。
  その数字がどうして出たか、誰も解らないのがアンケートなんだよ。そのアンケートで当選者が判明したとNHKが報道したって、別にNHKのせいでは無い。
  出口調査員のせいでも無い。ただ、暗号のようなものとなり、一時間も後の集計のプログラミングには反映出来るかも知れない。電子計数機器にはほんの一部の者しか携われない。むしろ、誰でもが見るテレビに堂々と勝者が開票前に報道されることによって、関係者が極々一部に絞れるのではないか。
  ただし、これはあくまでも推測であり、電子集計機が遠隔にしても直接にしても、プログラミング操作出来る、という前提で言っているんだよ。推理番組の見過ぎかも知れないがね。ただブッシュの時代の電子投票では疑いが有ったそうだ。   いずれにしても、コンマ1秒の開票改革など必要無い。全国自治体の開票時間を報告させ、ランク付けする必要も無い。お陰で焦った自治体が早々と投票所を締め切るような事態が起きる。また財政困難なのにランクの下位になるのを恐れて計数機器を購入し、ムサシに選挙全般を委託するような事態が起きる。こうした経費が今回の700億円の支出に含まれているとすれば、私は遺憾に思うよ。
  つまり、官学のファイナンスによってムサシの導入を導きかつまた画期的な、米国でも問題になった電子機器による票の操作に繋がったか、繋げたか、は解らない。だから、もしそうであればだよ、下手人は本当に少数に留められる、ここがミソなのではないかな。
  いずれにしても、こうした疑いを持たれるようなやり方は止めた方が良い。ブースで仕切り、細い隙間から用紙を差し込んでやる秘密的なシステムなのに、出口から出たら「誰々に入れた」とか「何党に入れた」とか公表し、それで選挙が片付くなら、出口調査以外の過程は必要ないということになってしまう。出口調査が正確なら正確なほど、有権者は一応会場まで行くとしても、そこにいる出口調査員に声を掛けられた者だけアンケート用紙に書けば選挙は終わりだよ。
  それでも良いが、それならそうで、有権者、納税者にきちんと知らせなければ駄目だよ。良く安倍政権が言っているじゃないか、「国民の皆様に充分なご説明をし、ご理解をいただきます」って。  

ノーマル記事(1段)

【YYNews】■来るべき我々が望む【市民革命政権】の政権公約= 『いま日本に必要なのはこと50』‏

山崎康彦


いつもお世話様です。

【杉並からの情報発信です】【YYNewsLive】【市民ネットメデイアグループ】
【草の根勉強会】【山崎塾】主宰の山崎康彦です。

今の日本には、政治、社会、経済、金融、選挙制度、裁判制度、官僚制度、地方
自治など明治維新から現在まで継続されてきた【国民支配と搾取の構造】と、
戦後日本を植民地にしてきた【米国支配】を根本から変えていく【市民革命】が
必要だと思います。

この【市民革命】の主体は、既存の社民党や共産党に代表される【左翼・護憲リベラ
ル】や、小沢一郎氏に代表される【保守リベラル】や、山本太郎氏に代表される
【無党派リベラル】では不十分であり、今まで日本の政治の表舞台に登場してこなかった
1,000万人の『利権・特権を拒否する自立したフツーの市民』がその中核を担い、
日本の歴史上初めての本格的な【市民革命】を行う必要があるのです。

我々はこの【市民革命】によって、安倍晋三ファシスト&サイコパス首相とその
一味(自民党、創価学会=公明党、自民別働隊、日本会議、神社本庁、在特会、右翼・暴力団)
など極右ファシスト組織)を完全に打倒して、日本を【完全な独立】【主權在民・民主主義】
【個人の自由と基本人権の擁護】【反戦平和】【完全な平等】【人間の尊厳尊重】【隣国との平和共存】
社会に大転換するのです。

そのために我々は今何をすべきなのか、第一弾として『いま日本に必要なのはこと50』 にまとめましたので
お読みください。

これらの政策は、来るべき我々が望む【市民革命政権】の政権公約になるものです。

▲『いま日本に必要なのはこと50』

1)いま日本に必要なのは【1%の富裕層の幸福】ではなく【99%の一般庶民の幸
福】だ!

2)いま日本に必要なのは【大企業の繁栄】ではなく【中小零細企業と個人の繁
栄】だ!

3)いま日本に必要なのは【経済成長】ではなく【格差解消】だ!

4)いま日本に必要なのは【デフレ脱却】ではなく【投機経済脱却】だ!

5)いま日本に必要なのは【超金融資本主義社会】ではなく【共有・共生人間資本
主義社会】だ!

6)いま日本に必要なのは【一般庶民の犯罪が大犯罪として摘発され政治家や官僚
や大企業経営者の大犯罪が見逃される社会】ではなく【政治家や官僚 や大企業
経営者による国民反逆罪が厳しく追及され処罰される社会】だ!

7)いま日本に必要なのは【日本国憲法99条の公務員の憲法順守義務が有名無実に
なっている社会】ではなく【罰則規定を設け全ての公務員に憲法順 守義務を徹
底させる社会】だ!

8)いま日本に必要なのは【大企業経営者の年収が非正規労働者の500倍にもなる
不平等社会】ではなく【民間企業経営者の年収上限を労働者の平均 年収の10
倍以内に制限する社会】だ!

9)いま日本に必要なのは【国会議員一人当たり年間1億2000万円の税金とさまざ
まな議員特権が与えられている】のではなく【国会議員の年収上 限を労働者の
平均年収の3倍以内に制限し議員特権を廃止すこと】だ!

10)いま日本に必要なのは【平均年収750万円と公務員特権を享受する公務員天
国】ではなく【公務員の年収上限を労働者の平均年収の3倍以内に 制限し公務
員特権を廃止すること】だ!

11)いま日本に必要なのは【大企業経営者の年収が非正規労働者の500倍にもなる
不平等社会】ではなく【民間企業経営者の年収上限を労働者の平 均年収の10
倍以内に制限する社会】だ!

12)いま日本に必要なのは【民間銀行と日銀と政府が信用創造特権を独占して巨
大な投機資金を生みだす実体のない信用ベース経済】ではなく【民間 銀行と日
銀と政府の信用創造特権をはく奪して実体のある実物経済へ転換すること】だ!

13)いま日本に必要なのは【戦争】ではなく【平和】だ!

14)いま日本に必要なのは【徴兵制と軍法会議で戦争に駆り出される従順な若
者】ではなく【徴兵を拒否し他国民を殺すことを拒否する勇気ある若 者】だ!

15)いま日本に必要なのは【政府の命令に従って子供や孫を戦争に送り出す親】
ではなく【戦争で他国民を殺すことを拒否する勇気ある子供や孫を守 りきる
親】だ!

16)いま日本に必要なのは【天皇や軍人や政治家や官僚が主役の天皇制軍事独裁
社会】ではなく【人間の尊厳と個人の自由と基本的人権が尊重される 平和な社
会】だ!

17)いま日本に必要なのは【原子力エネルギー】ではなく【自然エネルギー】だ!

18)いま日本に必要なのは【戦争マフィアや金融マフィアや原発マフィアや繁
栄】ではなく【平和で放射能被ばくのない借金のない国民の繁栄】だ!

19)いま日本に必要なのは【除染後に福島住民を帰還させること】ではなく【福
島県民200万人を県外に集団移住させ生活再建を国が全額補償する こと】だ!

20)いま日本に必要なのは【メルトダウンした福島第一原発の核燃料をそのまま
にして忘れること】ではなく【メルトダウンした福島第一原発の核燃 料を国の
責任で完全に封じ込めること】だ!

21)いま日本に必要なのは【日銀が増刷した270兆円をメガバンクにただでやるこ
と】ではなく【福島住民200万人の集団移住と生活再建に使う こと】だ!【

22)いま日本に必要なのは【日銀が増刷した270兆円をメガバンクにただでやるこ
と】ではなく【メルトダウンした福島第一原発の核燃料の完全に 封じ込めに使
うこと】だ!

23)いま日本に必要なのは【日銀が増刷した270兆円をメガバンクにただでやるこ
と】ではなく【非正規労働者や生活困窮者の生活支援に使うこ と】だ!

24)いま日本に必要なのは【日銀が増刷した270兆円をメガバンクにただでやるこ
と】ではなく【資金繰りに苦しむ中小零細企業への低金利融資に 使うこと】だ!

25)いま日本に必要なのは【実体のない信用創造をベースにする金融経済】では
なく【日々の暮らしをベースにする実体経済】だ!

26)いま日本に必要なのは【独占・独裁】ではなく【共有・共存】だ!

27)いま日本に必要なのは【利権・特権を求める強欲な人】ではなく【利権・特
権を拒否するフツーの人】だ!

28)いま日本に必要なのは【命を惜しみ名声や地位や金を求める強欲な人】では
なく【命もいらず名もいらず官位も金もいらぬ『始末に困る人』】 だ!

29)いま日本に必要なのは【政府や大手マスコミの大本営報道を盲目的に信じる
人】ではなく【自分の頭で考え真実・事実を追及する賢明な人】だ!

30)いま日本に必要なのは【権力の犬に跪く従順な羊】ではなく【権力に異議申
し立てをする怒る狼】だ!

31)いま日本に必要なのは【ファシスト政権の権力乱用を黙殺する人】ではなく
【ファシストの権力乱用を許さず断固戦う人】だ!

32)いま日本に必要なのは【自己の利益のために他人をだまし利用する人】では
なく【社会正義のために自己犠牲できる人】だ!

33)いま日本に必要なのは【アメリカの植民地日本】ではなく【永世中立の独立
国日本】だ!

34)いま日本に必要なのは【日米安保条約の毎年の自動延長】ではなく【日米安
保条約10条い従い条約の破棄を一方的に通告する政府】だ!

35)いま日本に必要なのは【政府や支配層に支配・搾取されっぱなしの愚民】で
はなく【政府や官僚や財界や大手マスコミに騙されない賢明な市民】 だ!

36)いま日本に必要なのは【形ばかりの議会制民主主義と偽装された主権在民社
会】ではなく【真の民主主義と本物の主権在民社会】だ!

37)いま日本に必要なのは【憲法違反の巨大カルト宗教団体の権力支配】ではな
く【カルト宗教の免税特権廃止と洗脳支配禁止による政教完全分離社 会】だ!

38)いま日本に必要なのは【アベノミックス】ではなく【アベノサイバン(安倍の
裁判)】だ!

39)いま日本に必要なのは【サイコパス(人格破壊者)のファシスト首相】ではな
く【真の民主主義と本物の主権在民社会を実現する利権・特権を拒否する首
相】だ!

40)いま日本に必要なのは【民意を反映しない選挙制度=小選挙区比例代表制】
ではなく【一票の格差をゼロにし特定の団体や地域の利益を代表にし ない選挙
政府度=大選挙区1区比例代表制】だ!

41)いま日本に必要なのは【日本国民の利益よりも米国支配層の利益を優先させ
る売国政治家や売国官僚や売国御用学者】ではなく【『世界がぜんた い幸福に
ならないうちは個人の幸福はあり得ない』と考える利権・特権を拒否するフツー
の市民】だ。

42)いま日本に必要なのは【【憲法の番人】の責務を放棄し安倍晋三ファシスト
による『憲法破壊』策動に一切抵抗せず黙認しているに最高裁判所】 ではなく
【最高裁判所の上位に位置し違憲訴訟を専門に扱う憲法裁判所の創設】だ!

43)いま日本に必要なのは【政治家や官僚や大企業経営者による『大犯罪』を見
逃し一般庶民の小犯罪をあたかも大罪として摘発する最高検察庁】で はなく
【最高検察庁の上位に位置し政治家や官僚や大企業経営者や大手マスコミの『大
犯罪』を専門に摘発する独立検察官制度】だ

44)いま日本に必要なのは【最高裁事務総局の【昇進】と【転勤】により完全支
配されるヒラメ裁判官】ではなく【時の権力の影響されない公正な裁判を行う
選挙で選ばれた裁判官】だ!

45)いま日本に必要なのは【国会と司法を実質的に支配し権力の乱用を可能にす
る行政権力の独裁】ではなく【日本国憲法第41条『国会は国権の最高機関』の
規定に従い、衆議院の解散権は首相ではなく衆議院自体が持ち、首相の恣意的な
解散権乱用を禁止する】ことだ!

46)いま日本に必要なのは【象徴天皇制という名の天皇制】ではなく【天皇制を
廃止し日本国憲法第41条『法の下の平等』をすべての国民に保障すること】だ!

47)いま日本に必要なのは【憲法の条文を知らないで公的任務に就いている政治
家や官僚や公務員】ではなく【『日本国憲法認定試験制度』を創設し て全ての
政治家や国家公務員や地方公務員や準公務員は中級以上の資格を取得する義務】だ!

48)いま日本に必要なのは【最高法規である日本国憲法の条文を知らずに投票す
る国民】ではなく【『日本国憲法認定試験制度』を創設して全ての有 権者に初
級以上の資格取得を義務化しすべての国民が【日本国憲法】を理解し身につける
こと】だ!

49)いま日本に必要なのは【電子投票装置や電子読み取り機械のソフトを不正に
改悪し選挙の開票結果を恣意的に変更する選挙不正行為の横行】では なく【す
べての選挙の開票はいくら時間がかかろうが衆人環視の元手作業で実施するこ
と】だ!

50)いま日本に必要なのは【世襲や企業や官庁や宗教組織や労働組合などの組織
選挙やバカ高い供託金による世襲議員と利権・特権議員の横行】では なく【世
襲を禁止し、企業や団体からの献金を禁止し、企業や官庁や宗教組織や労働組合
の組織選挙を禁止し、供託金を廃止すること誰でも政治家に立 候補できるこ
と】だ!

(終り)

*************************
【杉並からの情報発信です】【YYNews】【YYNewsLive】
情報発信者 山崎康彦
メール:yampr7@mx3.alpha-web.ne.jp
*************************

_NowPrinting.jpgAt vero eos et accusam et justo duo dolores et ea rebum. Stet clita kasd gubergren, no sea takimata sanctus est Lorem ipsum dolor sit amet. Lorem ipsum dolor sit amet, consetetur sadipscing elitr, sed diam nonumy eirmod tempor invidunt ut labore et dolore magna aliquyam erat, sed diam voluptua.

Ut wisi enim ad minim veniam, quis nostrud exerci tation ullamcorper suscipit lobortis nisl ut aliquip ex ea commodo consequat. Duis autem vel eum iriure dolor in hendrerit in vulputate velit esse molestie consequat, vel illum dolore eu feugiat nulla facilisis at vero eros et accumsan.

小見出しを入力します

_NowPrinting.jpg写真のキャプションを入力します。Lorem ipsum dolor sit amet, consetetur sadipscing elitr, sed diam nonumy eirmod tempor invidunt ut labore et dolore magna aliquyam erat, sed diam voluptua. At vero eos et accusam et justo duo dolores et ea rebum. Stet clita kasd gubergren, no sea takimata sanctus est Lorem ipsum dolor sit amet. Lorem ipsum dolor sit amet, consetetur sadipscing elitr, sed diam nonumy eirmod tempor invidunt ut labore et dolore magna aliquyam erat, sed diam voluptua. At vero eos et accusam et justo duo dolores et ea rebum. Stet clita kasd gubergren, no sea takimata sanctus est Lorem ipsum dolor sit amet.


引用です。
Ut wisi enim ad minim veniam, quis nostrud exerci tation ullamcorper suscipit lobortis nisl ut aliquip ex ea commodo consequat.

囲みです:Lorem ipsum dolor sit amet, consetetur sadipscing elitr, sed diam nonumy eirmod tempor invidunt ut labore et dolore magna aliquyam erat, sed diam voluptua. At vero eos et accusam et justo duo dolores et ea rebum. Stet clita kasd gubergren, no sea takimata sanctus est Lorem ipsum dolor sit amet.

注釈をつけます

2016年3月21日 16:03:54 : 8q3qeXT2cg : LR5ucA3lcb8[221]


>>4 御意!
○米国の国益を損なう者は検察に抹殺される
~ My Name is“TABOO” 2011/06/14
 東京地検特捜部は旧日本軍所有の貴金属や軍事物資の接収、対GHQテロ防止を目的に編成された「隠匿退蔵物資事件捜査部」①が前身であり、戦後66年間にわたり米国諜報機関の下部組織として連綿とその役割を果たしてきました。つまり、検察とは米国とエスタブリッシュメント(日本在住支配者集団)の暴力装置です。

 いまなお検察内部で「A」と通称される隠語はAmericaを意味します。これにかかわる裏歴史を綴るならば一大叢書となりますので割愛しますが、知られたところでは中東と直接資源外交を行いロックフェラーの逆鱗に触れ失脚した田中角栄、郵政民営化を対日金融支配であると看破し、マスメディアで警告を発したがため痴漢冤罪逮捕となった植草一秀など、米国の国益を損なう輩が検察により抹殺されることはほぼ常識として語られます。

 現在日本が保有する対外純資産②は250兆円規模に上りますが、その過半数が米国債と米ドルの外貨準備金となります。これは「預り証」を引き換えとするのみで現物の保有権も自由決裁権もありません。つまり事実上のカツアゲなわけです。為替レートの動向により売買ができないのですから、この5年来の円高トレンドにより為替損失は40兆円規模に達する見込みとなります。ちなみに震災の復興財源が24兆円と試算されていましたが、これを上回る金が米国の対日植民地政策により消失しているわけです。

 復興財源確保に米国債を処分することは不可能です。米国は現在14兆3000億ドルの公債をかかえデフオルト寸前であり、サブプライムやCDSの民間部門の損失は京円規模の天文学的な額に達し公債償還の余力がないからです。

 排米的政策や米国債の処分に言及した大平正芳、竹下登、橋本龍太郎、小渕恵三、鈴木宗男、中川昭一などの政治家は失脚もしくは不審死を遂げました。ちなみに小泉純一郎は在任中の僅か2年の間にドル建準備金を50兆円ちかくも積み上げ、離任後は経団連政策研究会に天下り、磐石に後継者へ譲位し、際立って対照的な存在となっています。

 この国は官僚機構と米国から重層的に搾取を受けているわけです。各種租税、新規国債、借款債、財投債により編成される370兆円規模の特別会計から推計70兆円が人件費、福利厚生、償還費、天下り、関連団体の補助金として公的部門へ吸収され、さらに外国為替特別会計を通じ既述のごとく莫大な金が米国に収奪されるという図式です。

 16世紀スペインはコルテス、ピサロを先鋒にアステカとインカを侵略し、インディオを鉱山労働で酷使し、金銀を収奪した挙句に殺戮し文明を終焉させました。その搬送船を狙いイギリスは海賊行為を集約産業とし莫大な国富を築いたわけですが、この多層的暴力構造による搾取は我々が生きる社会においてなんら変わりはありません。・・・

○1947年、日本自由党の世耕弘一が日銀での10兆円規模(現在価値)と推計される貴金属の存在を示唆したことが発端となり、GHQがその接収を目的とし隠匿退蔵物資事件特捜部を組織した。調査により資金の一部は政界フィクサー・辻嘉六らを通じ工作資金として与野党へ還流されたことが判明したが、徴収された物資の行方及び総額は明らかにされることなく事件は収斂している。

以後、特捜部は東京地検として編成されるが、田中角栄(ロッキード事件)、竹下登(リクルート事件)、金丸信(佐川急使献金)、中村喜四郎(ゼネコン汚職)、鈴木宗男(斡旋収賄)、橋本龍太郎(日歯連贈賄事件)、小沢一郎(西松不正献金事件)など、いずれも反米政策に言及した議員らが執拗に起訴されていることから、米国の意向を反映した国策捜査を実践しているとの批判が強い。
・・・・・・・響堂雪乃著「独りファシズム」より
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

○昭和天皇 ―――― 米国ディロン・リード銀行――カーライル(ブッシュ一族)・・・
~スイスに莫大な蓄財が出来た感謝の印に、「敵国の戦争指揮官」ドレーパーに勲一等瑞宝章を与え表彰
○ブッシュ家―――― プレスコット・ブッシュ等、米国資本がナチス・ドイツに融資、莫大な財産を築く

○ヨハンセン吉田茂 ―――― 麻生太郎
○阿片事業 岸信介 ―――― 安倍晋三
○自由党 世耕弘一 ―――― ゲッペルス・世耕弘成
○今生天皇・安倍政権・三菱財閥等
 ―――2015年11月、ラムズフェルド、アーミテージに「旭日大綬章」を贈る。
~トナルド・ラムズフェルド(戦争のアゥトソーシングを確立した政治家)、リチャード・アーミテージ国防副長官(軍需・レイセオン)の両者は、ヤラセ911後のイラク侵略で軍需産業・石油資本に莫大な貢献をした政治家であり軍事産業の代理人。レポートを発表し、原発推進や違憲立法の戦争法成立に際し、「ワシントン拡声器」としての役割を果たしたことに感謝。古くから天皇家と姻戚関係にある三菱財閥等が「戦争でぼろ儲けの夢よ再び」の期待を込めつつ勲章を贈与。

売国奴の直系が不正によって日本政治の中枢に居座り、SPの厳重な警護によって庇護されている。彼らはニッポンの支配者を自認し、多くの国民を奈落の底へ突き落とし、自らの地位と蓄財のために売国政策を推進している。大手マスコミが報道する高い支持率も開票前の当確も全ては捏造でありペテンである。紛れもないペテンの事実は、日本の最高責任者を自称する安倍総理の不遜と詭弁に満ちた言動と、国会を取り巻く「アベヤメロ!」と叫ぶ大衆行動の落差が証明している。この目の黒いうちに真に公正な選挙の実施と、その結果を見たいものだ。


>日本の中のCIAエージェント
~吉田茂、辰巳栄一、緒方竹虎、岸信介、児玉誉士夫、笹川良一、正力松太郎・・・
http://blog.goo.ne.jp/luca401/e/c2b1957716e9e0150bf829ffc620d435?fm=entry_related
http://www.asyura2.com/13/lunchbreak53/msg/436.html
リンク切れ:http://blog.goo.ne.jp/yamanooyaji0220/e/31b8776d983469bad82ffec40288122b


日本の中のCIAエージェント

2012-10-02 11:20:43 | 資料



日本の政界、財界、マスコミ、学者、評論家、右翼・暴力団などあらゆる分野に張り巡らされたCIAのスパイ・エージェントの数は一体どのくらいになるのであろうか

日本で活動する実行部隊(オペレーション担当)は工作員指揮官として、まず3人の現地工作員の指揮に当たる。そして、工作員はそれぞれ3人の配下(協力者)を抱え、3人の配下もさらに3人の部下を抱える。つまり、1人の指揮官が3×3×3=27人の工作要員を指揮して情報収集などに当たっている。CIAエージェントとされる中には、本人が意識せずにCIAに対して情報提供をする者も含まれる。

外交官や軍人に偽装するOCS(Official Covers)と民間人に偽装するNOCS(Non Official Covers)とに分かれ、それぞれ活動しているというが、最近はNOCSを増やしつつあると分析されている。その理由は、2001年9月11日、米国で起きた同時多発テロが関係する。

 要するに、通常総勢、数百人もの工作要員が活動しているというのである。それが東日本大災害による福島原発の破壊に伴うデーター収集や、混乱に乗じたる各国のスパイの増員により、CIAも当然増員されているものと思われる。ようするに、スパイ防止法すらない日本はまさにスパイ天国というわけである。

★吉田茂

幼児に横浜の富裕な貿易商、吉田健三の養子となり、東京帝国大学政治科を卒業後、外務省に入省した。大久保利通の次男、牧野伸顕伯爵の長女、雪子と結婚。

天津総領事、奉天総領事、イタリア大使、イギリス大使を歴任した。

吉田茂は取り巻く人間を通して、ロスチャイルドの影響を受けていた。

太平洋戦争の前夜に日本の対米英戦争を決定した1941年9月6日の「帝国国策遂行要領」に関する所謂「御前会議」の内容を細大漏らさず、敵米国の駐日大使に通報していた、日本最大の売国スパイ=暗号名「ヨハンセン」とは吉田茂。

元自民党総裁=麻生太郎の祖父。

★辰巳栄一 (1895年1月19日ー1988年2月17日)

コードネーム「POLESTAR―5」

元陸軍中将
戦後の連合軍占領中は旧軍の反共主義工作機関「河辺機関」を率いた。警察予備隊の幹部人選に駐英武官当時からの上司であった吉田茂の腹心として関与。
内閣調査室や後の自衛隊の設置に関わる資料をアメリカ政府に流していた事が2009年10月、有馬哲夫・早稲田大学教授のアメリカ国立公文書記録管理局における機密解除資料調査で確認された。1975年1月から1978年12月まで偕行社会長を務めた。

★緒方竹虎 (1888年1月30日 - 1956年1月28日)

コードネーム「POCAPON(ポカポン)」

ジャーナリスト、政治家。朝日新聞社副社長・主筆、自由党総裁、自由民主党総裁代行委員、国務大臣、情報局総裁、内閣書記官長、内閣官房長官、副総理などを歴任。栄典は正三位勲一等旭日大綬章。三男の緒方四十郎は元日本銀行理事。

緒方は12月にA級戦犯容疑者指名、1946年8月に公職追放、1947年9月戦犯容疑解除、1951年8月に追放解除となっている。A級戦犯容疑者指名がなければ、敗戦で社内の緒方派と反緒方派の対立が再燃して自らも調停に乗り出し、村山長挙社長が辞任していた朝日新聞社の社長に就任するはずであった。

追放解除の翌年にあたる1952年10月、第25回衆議院議員総選挙で福岡1区(当時)から出馬し、中野正剛の地盤を引き継いだうえに地元財界の支持を得て当選する。

第4次吉田内閣で当選1回ながら、国務大臣兼内閣官房長官、さらに副総理に任命され、翌1953年5月成立の第5次吉田内閣でも副総理に就任した。この政界での急速な階梯昇段の要因には、吉田茂の政治指南役だった古島一雄の紹介や、吉田が重光葵の後任として東久邇宮内閣外務大臣に就任したのが、近衛文麿と緒方の推薦によるものだったことなどが挙げられる。

なお、緒方は政界復帰前の1952年4月、吉田茂、村井順とともに、アメリカのCIA、イギリスのMI5、MI6などを参考にして、内閣総理大臣官房に「調査室」という小さな情報機関を設立した。これが現在の内閣情報調査室の源流である。

緒方は、これとは別に強力な情報機関、いわゆる日本版CIAを新設する構想を持っており、吉田内閣入閣でこの構想は一挙に表舞台に登場したが、国会や外務省、世論の激しい批判を浴び、第5次吉田内閣の下で内調の拡充・強化を図るにとどまった。しかし、このときの緒方の動きを、アメリカCIAは高く評価した。

★岸信介 (1896年11月13日 - 1987年8月7日)

言わずもがなスパイ。岸の『系譜』の政治家は、CIAのスパイである。
政治的に岸は日本の歴代首相のだれよりも右寄りだった。岸は、APACL(アジア人民反共連盟)、MRA(道徳再武装
運動)、統一教会など、右翼組織やCIAのフロント組織に深く関わっていた。

 首相をしりぞいた二年後の1962年9月には、東京で5日間にわたって開催されたAPACLの会合で基調演説を行なっている。また、日本郷友連盟や祖国防衛同士会など、民主主義の粉砕と天皇の政権復帰を擁護する極右団体の顧問もつとめた。
 岸は首相在任中に、日本を訪れたMRAの代表達に次のように挨拶している。「諸君は全世界に対して道徳的バックボーンを与えるようにしておられる。私はMRAが6週間にわたって(1960年5月から6月までの期間)我が国に与えた圧倒的な影響力に対して感謝の気持ちを表明したい」時あたかも、岸打倒を叫ぶ運動がピークに達しており、MRA代表団の訪日のタイミングのよさには目を見張るものがあった。

 岸は日本でもっとも反動的な首相だった。1957年から60年までの短い首相在任中に、岸内閣は史上まれに見る反進歩的な法案を提出した。一つは1958年、警察官の権限を拡大強化する警職法(警察官職務執行法)改正案であり、もう一つは1948年に廃止された紀元節の復活であった。統一教会といえば、CIAの命によりKCIA(韓国中央情報局)が組織し、操る宗教団体であることが後に明らかになった。岸と教会との密接な関係を示す一例として1974年5月、東京の帝国ホテルで開かれた『希望の日』実行委員会主宰の大晩餐会がある。『希望の日』とは、教会の世界的宣伝キャンペーンの一環の集会名だが、同実行委員長が岸信介だった。(『週刊新潮』1974年5月23日号より)>

★ハリー・カーン

ニューズウィークの元編集長。岸信介の英語の教師。ハリー・カーンはGHQの「アメリカ対日協議会」(ACJ)のエージェントだった。ACJはA級戦犯の釈放、公職追放された旧官僚の復職、解体された財閥の復興を仕切ったことで、戦後の日本に「ジャパン・ロビー」ともいうべき組織を作り上げていた。その中心メンバーなのに、その実態は本当に闇に包まれ日本国民には知られていない。日本のニューズウィーク編集部は今でもCIAのたまり場。

★児玉誉士夫 (1911年(2月18日 - 1984年1月17日)

日本の右翼運動家、黒幕、CIAエージェント。
暴力団・錦政会(後の稲川会)や東声会の顧問で、これら反社会勢力はCIAの行動隊。

朝鮮戦争(50年—53年)当時、CIAの前身である米戦略サービス局(OSS)の旧幹部グループは、右翼の児玉誉士夫氏らと組んで、日本の貯蔵庫から数トンのタングステンを米国に密輸、ミサイル強化のためタングステンを必要としていた米国防総省に1000万ドルで売却。これを調べている米メーン大学教授の資料によると、CIAは280万ドルを児玉にその見返りとして提供したという。

アメリカの国立公文書館が公開したCIA・中央情報局の機密文書に記されていたものによると、東西冷戦の初期、CIAは「右翼の大物」と言われ、戦犯の疑いで逮捕されたあと釈放された児玉誉士夫氏や、元陸軍参謀の辻政信氏らと接触し、中国など、共産圏の情報収集活動に当たらせたということだ。 しかし、文書の中でCIAは、こうした試みは、工作資金を持ち逃げされたり、情報をねつ造されるなどしてほとんど役に立たなかったと分析している。特に、児玉氏については「自身の富や権力を得ることが目的で、母国の将来には関心がなかった。諜報員としての価値はないに等しい」と酷評している。

★笹川良一 (1899年5月4日 - 1995年7月18日)

日本の政治運動家、右翼活動家、社会奉仕活動家。CIAエージェント。

★正力松太郎 (1885年4月11日 - 1969年10月9日)

コードネーム「PODAM」
読売新聞、日本テレビ、プロ野球・読売巨人軍の、コードネーム・スパイ組織暗号名は、「ポハイク POHIKE」

ペンタゴンの資金提供で、日本テレビは創立される。
読売新聞と日本テレビはフル稼働で原子力のイメージアップに努め、CIAは原子力に対する日本の世論を転換させたのは正力の功績だと認めている。

日本の警察官僚、実業家、政治家。元読売新聞社社主。従二位勲一等。富山県高岡市名誉市民。京成電鉄OB。長期わたって、CIAエージェント。 正力松太郎や、読売ジャイアンツとの関係で、野球は警察利権。CIAの管轄下にある。

マスコミ操作を通じアメリカが常に「善」であると日本の市民を洗脳し、アメリカを批判する言論をマスコミに「登場」させない。アメリカ映画、音楽を大量に流し、アメリカが「すばらしい」国だと連日宣伝することが目的だとアメリカ国立公文書館 米国政府の心理戦争局の内部文書に書かれている。

★渡辺恒雄

読売新聞経営者。敗戦当時、日本にはテレビ局はNHKしか存在しなかった。米軍は3S作戦実行のため、戦前からのCIAスパイである読売新聞の創立者、正力松太郎とその部下渡辺恒雄(現在の読売新聞・経営者)に「命令」し、CIA直営のテレビ局として日本テレビの創立を命令する。CIAスパイエージェント正力松太郎は、CIAの資金で読売新聞を日本最大の新聞に育て上げるが、戦争中読売新聞は、日本の中国侵略と日米戦争を大々的に「アオッタ」新聞である。日本に中国侵略と日米戦争を行わせる事は、CIA新聞である読売新聞を使った米国の戦略であった。

正力松太郎と渡辺恒雄がCIA工作員として、読売新聞、日本テレビ、プロ野球・読売巨人軍を創立し、その経営資金がCIAから出ている事実は、米国政府の心理戦争局の内部文書Records Relating to the Psychological Strategy Board Working Files 1951-53に明記されている。

米軍が武器を持ち日本に駐留し、日本を支配下に置いているように、読売新聞、日本テレビ、プロ野球・読売巨人軍は、米軍の「兵器」として「作られた」。

 政治部の渡辺記者は大野番として出発したが、大野伴睦や児玉誉士夫に密着して子分役を務め、暴力団の東声会のクラブの運営委員に連なったり、ロッキード事件の前にワシントン特派員として、児玉の対米窓口を果たしたとも噂された。また、児玉が乗っ取った出版社の「弘文堂」では、若き日の中曽根と共同経営者に名を連ね、その時の株主仲間には児玉や中曽根の他に、大橋富重、萩原吉太郎、永田雅一、久保満沙雄のような、戦後の疑獄史の裏面に出没した政商たちが、読売の現役記者だった渡辺と共に名を連ねている。

★船橋洋一

朝日新聞が親中、新ロ論陣と左右に別れていた時代には、世論調査の信頼度も一定の範囲で存在したが、朝日新聞が小泉純一郎政権以降、船橋洋一主筆を筆頭に急速に親米化一色になった時点で、マスメディアが持ち続けるべきジャーナリズム精神は失われた。
人民日報提携紙、同じ住所に東亜日報を置く朝日新聞は、CIA資料からCIAエージェントと明らかにされてから、記事内容も支離滅裂である。過去の高飛車な断定報道を無かったかの様にスルーし、追いつめられると言い訳ばかりで決して謝罪もしない低レベルのゴシップ新聞社である。

★東久邇稔彦 (1887年12月3日 - 1990年1月20日)

旧皇族、陸軍軍人、陸軍大将。位階は従二位。勲等は大勲位。功級は功一級。皇籍離脱後は東久邇 稔彦(ひがしくに なるひこ)を名乗った。

第二次世界大戦後、敗戦処理内閣として憲政史上最初で最後の皇族内閣を組閣した。連合国に対する降伏文書の調印、陸海軍の解体、復員の処理を行い、一億総懺悔を唱え国内の混乱を収めようとしたが、歴代内閣在任最短期間の54日で総辞職した。

★辻政信 (1902年10月11日 - 1961年に行方不明)

元陸軍大佐。政治家。衆議院議員(4期)、参議院議員(1期)。

旧軍人グループとの繋がりで反共陣営に参画。著書を次々出版しベストセラー作家としての知名度を確立した。旧軍の参謀だったという要素がプラスに働き、追放解除後の1952年に旧石川1区から衆議院議員に初当選。自由党を経て自由民主党・鳩山一郎派、石橋派に所属。石橋内閣時代に外遊をし、エジプトのガマール・アブドゥン=ナーセル、ユーゴスラビアのヨシップ・ブロズ・チトー、中国の周恩来、インドのジャワハルラール・ネルーと会談している。衆議院議員4期目の途中だった1959年に岸信介攻撃で自民党を除名されて衆議院を辞職し、参議院議員(全国区)に鞍替えして第3位で当選した。

2005年(平成17年)に公開された、米中央情報局(CIA)極秘文書には『辻政信ファイル』が存在する。しかし、経験不足で諜報活動は失敗に終わった」としているほか、日本の再軍備をもくろんでいたとしてアメリカ側が警戒していたことが記されている。

★五島慶太 (1882年4月18日 - 1959年8月14日)

1944年(昭和19年)、東條英機内閣の運輸通信大臣に就任し、名古屋駅の交通緩和や船員の待遇改善などに貢献する。終戦後の1947年(昭和22年)、東條内閣の閣僚だったという事で連合国軍最高司令官総司令部(GHQ)によって公職追放者指定を受けた。公職追放後も影のご意見番として事実上企業活動に参加。大東急分割騒動の際も、むしろ自ら企業分割を推奨し大東急再編成の推進役を果たした。東急電鉄創業者。

★秋山浩
(旧731部隊情報提供者)

★有末精三 (1895年5月22日 - 1992年2月14日)

元陸軍中将 駐留米軍顧問 日本郷友連盟会長
CIAの記録によると有末とその部下は在日中国共産党員に情報を売っていたとされている。戦時中から、アメリカと中国共産党の二重スパイか。

★麻生達男 詳細不明

★福見秀雄 (1914年4月20日 - 1998年12月19日)

昭和時代後期の微生物学者。(旧731部隊関係者)
昭和22年創設の国立予防衛生研究所入所、細菌部長をへて、53年所長。55年長崎大学長。
藤野恒三郎と腸炎ビブリオを発見。インフルエンザワクチンの開発、集団接種などに力をそそいだ。死去。84歳。愛媛県出身。東京帝大卒。

★服部卓四郎 (1901年1月2日 - 1960年4月30日)

戦時中からアメリカのスパイであることが疑われる。
元陸軍大佐。
1942年(昭和17年)8月に始まったガダルカナル島の戦いにおいては、現地を視察した際、「補給路が確立されつつあり、この点について問題なし」と実情とかけ離れた報告をした。結果、陸軍は3万人以上の部隊を投入したが、撤退できたのは僅かに1万人足らずだった。

終戦後は、チャールズ・ウィロビーの元で日本の再軍備にかかわる。当初は、創設される警察予備隊の幕僚長に任じられる予定であったが、公職追放された人物を入隊させることはできないと民政局及び吉田茂首相(吉田に進言したのは辰巳栄一元中将を中心としたグループ)が反対したため、服部の幕僚長就任は実現しなかった。

1952年(昭和27年)10月31日付のCIA文書によると、服部らは、自由党の吉田茂首相が公職から追放された者や国粋主義者らに敵対的な姿勢を取っているとして、 同首相を暗殺し、民主党の鳩山一郎を首相に据える計画を立てた。辻政信が「今はクーデターを起こす時ではない」と服部らを説得し、服部らはクーデターは思いとどまったものの、政府高官の暗殺を検討したという。

★今村均

元陸軍大将。戦場で将兵の守るべき教訓を列挙した訓示、いわゆる「戦陣訓」を作成 した。「生きて虜囚の辱めを受けず、死して罪禍の汚名を残すことなかれ」。
インドネシアでは、民族独立を目指すスカルノとの友情を貫き、ラバウルでは陸軍7万人の兵を統率して、米軍の攻撃をもの
ともせずに、玉砕も飢えもさせずに敗戦まで持ちこたえ、無事に帰国させた。

オーストラリア軍の禁錮10年の判決により、1949年(昭和24年)に巣鴨拘置所(巣鴨プリズン)に送られた。だが今村は「(未だに環境の悪い南方で服役をしている元部下たちの事を考えると)自分だけ東京にいることはできない」として、1950年(昭和25年)には自ら多数の日本軍将兵が収容されているマヌス島刑務所への入所を希望した。

積極的にスパイ活動に関与したとは思えない。

 戦犯として捕まった部下を救うために、自ら最高責任者として収容所に乗り込み、一人でも多くの部下を救うべく奮闘した。帰国後は、部下や、遺族の生活のために奔走した。その姿はマッカーサーをも感動させたのである。政治家や官僚、企業経営者の責任が問われる今、責任をとるとはどういうことか、今村将軍の生涯を振り返えれば答えが出るであろう。

★石井四郎 (1892年6月25日 - 1959年10月9日)

(旧731部隊長)
元陸軍軍人、軍医。関東軍防疫給水部長、第1軍軍医部長を歴任する。階級は陸軍軍医中将功三級医学博士。731部隊の創設者として防疫活動に従事した。多くの人体実験を行い細菌兵器を開発したとされる。

★賀屋興宣 (1889年1月30日 - 1977年4月28日)

コードネーム「POSONNET-1」

広島県広島市出身の大蔵官僚~政治家。
大蔵(現財務省)官僚は、アメリカCIAのスパイである。

戦後A級戦犯として極東国際軍事裁判で終身刑となり、約10年間巣鴨プリズンに服役。

1955年(昭和30年)9月17日に鈴木貞一、橋本欣五郎らと共に仮釈放。1958年(昭和33年)赦免。同年第28回衆議院議員総選挙に旧東京3区から立候補し当選(以後5回連続当選)。岸信介首相の経済顧問や外交調査会長として安保改定に取り組んだほか、池田内閣の法務大臣、自民党政調会長などを歴任し、自由民主党右派・タカ派の政治家として有名だった。

1972年(昭和47年)、政界引退。「自由日本を守る会」を組織、中華民国擁護など独自の政治活動を続けた。

アメリカ共和党、中央情報局(CIA)や中華民国の蒋介石政権と強固な人脈を持ち、日本遺族会初代会長となる等、国際反共勢力、自民党、右翼のトライアングルを結ぶフィクサーとして国内外の右翼人脈を築いた。2007年(平成19年)に開示されたアメリカ国立公文書記録管理局所蔵の文書に、CIAの協力者(日本反共化のためのスパイ)だったことが記されている。

★小宮義孝 (1900年 2月18日埼玉県にて出生。

元東京大学医学部助教授国崎定洞(ドイツ共産党日本人部創設者で、旧ソ連に亡命後スターリン粛清の犠牲になったコミュニスト)の親友であり、東大医学部助手時代に治安維持法違反で検挙され、上海に渡った経歴を持つ。七三一部隊の石井四郎・秋山浩・福見秀雄と同様に細菌戦関与を疑われたが、もともと治安維持法で検挙され東大医学部助手から上海へ左遷された左翼。この小宮義孝を唯一の例外として、今回機密解除されたCIA個人ファイルには、左翼関係者は公開されていない。

★久原房之助 (1869年6月4日 - 1965年)

明らかにスパイ。
衆議院議員当選5回(16、17、18、19、25回総選挙)。逓信大臣、内閣参議、大政翼賛会総務、立憲政友会(久原派)総裁を歴任。日立製作所創立の基盤となった久原鉱業所(日立銅山)や久原財閥の総帥として「鉱山王」の異名を取った。義兄の鮎川義介と共に「政界の黒幕・フィクサー」と呼ばれ、右翼に資金を提供して二・二六事件に深く関与した。戦後はA級戦犯容疑者となり、公職追放となった。

明治の政商として活躍、藤田組を創業した藤田伝三郎は父・庄三郎の実弟にあたる。なお、庄三郎は伝三郎が「藤田伝三郎商会」(後の藤田組、現在のDOWAホールディングス)設立の際には共同経営者として名前を連ねている。

2回結婚しており(最初の妻が鮎川義介の妹・キヨ)、妾腹の子を含めると3男10女計13人の子に恵まれた。長女は元衆議院議長・石井光次郎に、三女は大隈重信の孫・信幸に、四女は元東京急行電鉄社長・五島昇に、八女は元スタンレー電気社長・北野隆興に嫁ぎ、九女と十女は米国人と結婚している。孫にシャンソン歌手の石井好子と元東急建設社長の五島哲、スタンレー電気社長の北野隆典がおり、曾孫に詩人・フランス文学者の朝吹亮二が、玄孫に小説家で第144回芥川龍之介賞を受賞した朝吹真理子がいる。

★前田稔 (1945年3月1日 - 1945年10月1日)

元海軍中将。航空艦隊司令長官。
「親ソ」でコミュニストの可能性。海軍内で暗躍したさほどの形跡はない。

★野村吉三郎 (1877年12月16日 - 1964年5月8日)

日米開戦時の駐米大使。
昭和初期に活躍した日本の海軍軍人、外交官、政治家。和歌山県和歌山市出身。位階勲功等は海軍大将従二位勲一等功二級。

終戦後の1946年(昭和21年)8月に、野村は公職追放となるが、ACJ(アメリカ対日協議会)の面々は積極的に野村に近づき、定期的に(違法ではあるが)食料や煙草を送り、経済的に苦しい野村の便宜を図った。メンバーの一人であるウィリアム・リチャーズ・キャッスルは、野村を「日本を正しい道筋で、再び重要な国家となるように再建するのに役立つ人物の一人だ」と評した。

1953年(昭和28年)3月24日、同郷の松下幸之助に請われ、松下電器産業の資本傘下となった日本ビクターの社長に就任。空襲による会社や工場施設の焼失、戦後の労働争議などでの危機的経営を創生期の親会社で疎遠となっていたアメリカRCAと技術支援契約を結び再建の道筋をつける。

追放解除に伴い、吉田茂の要請で再軍備問題の調査にあたり、海上自衛隊の創設に深く関わる。これが縁で1954年(昭和29年)の第3回参議院議員補欠選挙(和歌山選挙区)に出馬・当選し、参議院議員となり、続く第5回参議院議員通常選挙(和歌山選挙区)にも当選した。
自由民主党に参加して、防衛政策を担当した他は、外交調査会会長を務め、松野鶴平の参議院議長就任に伴い党参議院議員会長に就任した。鳩山内閣・岸内閣で防衛庁長官への起用が取り沙汰されたが、日本国憲法における文民統制の観点から見送りになった。その後の人事では旧軍・自衛隊の士官経験者の防衛庁長官も誕生しているが、当時としてはまだ時期尚早で、なによりも野村が旧海軍軍人として大物過ぎたこと、そして日米開戦時の駐米大使としてあまりにも有名でありすぎたことが逆にたたる結果となった。

★大川周明 (1886年12月6日 - 1957年12月24日)

積極的にスパイ活動に関与したとは思えないが、CIAは、満鉄の情報を収集していたのではないだろうか。

日本の思想家。 1918年、東亜経済調査局・満鉄調査部に勤務し、1920年、拓殖大学教授を兼任する。1926年、「特許植民会社制度研究」で法学博士の学位を受け、1938年、法政大学教授大陸部(専門部)部長となる。その思想は、近代日本の西洋化に対決し、精神面では日本主義、内政面では社会主義もしくは統制経済、外交面ではアジア主義を唱道した。晩年、コーラン全文を翻訳するなどイスラーム研究でも知られる。

★小野寺信 (1897年9月19日 - 1987年8月17日)

元陸軍少将。
スウェーデン公使館付武官に発令され、翌年1月、ストックホルムに着任し太平洋戦争を迎えた。1943年(昭和18年)8月、陸軍少将に進む。
この頃からSD国外諜報局長であるヴァルター・シェレンベルクと共に和平工作に従事する。敗戦後の1946年(昭和21年)3月に日本に帰国復員したが、同年7月まで4ヶ月間戦争犯罪人として巣鴨プリズンに拘留された。

★重光葵 (1887年7月29日 - 1957年1月26日)

第二次世界大戦期の、日本の外交官・政治家。
1943年(昭和18年)11月の大東亜会議を開くために奔走。人種差別をなくし亜細亜の国々が互いに自主独立を尊重し対等な立場での協力を宣言した。

公職追放解除後、改進党総裁・日本民主党副総裁を務めた。鳩山一郎派と合同して日本民主党を結党させる。1955年(昭和30年)の保守合同で自由民主党結党に参加。

★下村定 (1887年9月23日 - 1968年3月25日)

元陸軍大将。政治家。
終戦時下村は満州におり、下村の帰国まで東久邇陸軍大将宮が陸軍大臣を兼務している。第5回参議院議員通常選挙で全国区から出馬、当選し参議院議員を1期務めた。

★和知鷹二 (1893年2月1日 - 1978年10月30日)

元陸軍中将。1946年(昭和21年)1月、戦犯容疑(橘丸事件)で逮捕され巣鴨拘置所に拘留。1948年(昭和23年)4月13日、重労働6年の判決を受け、1950年(昭和25年)8月に仮釈放された。

★和智恒蔵 (旧姓・大野、1900年7月24日 - 1990年2月2日)

元海軍大佐で、硫黄島では海軍警備隊司令を務めた。
1946年4月25日から9月まで巣鴨プリズンに拘禁された。戦争から生還したことに責任を感じて出家し、天台宗の僧侶になる。硫黄島協会を設立して、慰霊と遺骨収集に生涯を捧げた。

★土肥原賢二

★中曽根康弘

ロッキード事件の発覚直後の1976年2月、中曽根康弘・自民党幹事長(当時)から米政府に「この問題をもみ消すことを希望する」との要請があったと報告する公文書が米国で見つかった。裏金を受け取った政府高官の名が表に出ると「自民党が選挙で完敗し、日米安全保障の枠組みが壊される恐れがある」という理由。三木武夫首相(当時)は事件の真相解明を言明していたが、裏では早期の幕引きを図る動きがあったことになる。中曽根事務所は「ノーコメント」としている。

 この文書は76年2月20日にジェームズ・ホジソン駐日米大使(当時)から国務省に届いた公電の写し。米国立公文書館の分館であるフォード大統領図書館に保管され、2008年8月に秘密指定が解除された。

 ロッキード事件は76年2月4日に米議会で暴露されたが、ロ社の裏金が渡った日本政府高官の名前は伏せられた。

 与野党いずれも政府に真相解明を要求。三木首相は2月18日、「高官名を含むあらゆる資料の提供」を米政府に要請すると決めた。

 文書によると、中曽根氏はその日の晩、米国大使館の関係者に接触し、自民党幹事長としてのメッセージを米政府に伝えるよう依頼した。中曽根氏は三木首相の方針を「苦しい政策」と評し、「もし高官名リストが現時点で公表されると、日本の政治は大変な混乱に投げ込まれる」「できるだけ公表を遅らせるのが最良」と言ったとされる。
さらに中曽根氏は翌19日の朝、要請内容を「もみ消すことを希望する」に変更したとされる。文書には、中曽根氏の言葉としてローマ字で「MOMIKESU」と書いてある。中曽根氏はその際、「田中」と現職閣僚の2人が事件に関与しているとの情報を得たと明かした上で、「三木首相の判断によれば、もしこれが公表されると、三木内閣の崩壊、選挙での自民党の完全な敗北、場合によっては日米安保の枠組みの破壊につながる恐れがある」と指摘したとされる。

 文書中、依然として秘密扱いの部分が2カ所あり、大使館関係者の名前は不明だ。

 結果的に、事件の資料は、原則として公表しないことを条件に日本の検察に提供された。

★池田勇人

★佐藤栄作

2007年に公開された日本占領中のマッカーサーの諜報活動を詳述しているCIA文書など5万点に上る機密解除文書には、岸信介の弟である佐藤栄作元総理大臣が米国に対し「共産主義と戦うためにアメリカからの財政援助を願い出ていた」ことが書かれている。
また、佐藤栄作大臣(岸政権下の大蔵大臣)が当時の米国駐日大使館S.S.カーペンター大使館一等書記官と東京グランドホテルで秘密裏に会談し、資金援助を要請したことがS.S.カーペンター大使館一等書記官作成の覚書の中に書かれている。

米国のエージェントであった岸信介総理大臣が日本国民の反対運動を弾圧して調印した1960年の「日米安保条約」および米国のエージェントの佐藤栄作総理大臣が国民の反対運動を弾圧して調印した1970年「日米安保条約」は、調印した二人の日本国総理大臣が米国に買収されていたエージェントであった事実が暴露された時点で法的根拠を失い無効となるのは当然である。

なぜなら外国に買収された一国の総理大臣が買収した外国との間で調印した条約は無効となるからである。

★小泉純一郎

★竹中平蔵

★飯島勲

小泉元首相の秘書官だった。

★麻生太郎

第二次世界大戦後、中国とロシアが共産主義国になったため、日本を共産主義への防波堤に使おうと米国政府は考えた。日本が共産主義にならないよう米国は日本を豊かな国に育て、また巨大な米軍とCIAを日本に置き、日本を暗黙の「監視下」 に置いた。

その任務を担ったのが、初代CIA日本支局長ポール・ブルームであった。

ブルームは東京の渋谷区神山町22番地に住居を持ち、その近所には2008年現在の麻生太郎元首相の生家があった。当時の総理大臣吉田茂は麻生の祖父であり、麻生の家で、CIA日本支局長ブルームと吉田首相は、日本の経済成長や米軍駐留の政策について深夜まで話し合った。

やがてブルームは麻生太郎を自宅に引き取り、自分の「後継者」として、CIA日本エージェント=工作員として育てる。

★佐野忠克

鳩山由起夫政権時の政務担当首相秘書官。
首相秘書官の内訳は、慣例的に政務担当1名、事務担当4名の計5名で構成され、それぞれ外務省、財務省、警察庁、経済産業省の各省庁から1名ずつ出向する形で就任する。財務省出身者が事務秘書官の中で筆頭格とされ、他の事務秘書官よりも年次が上の者が就けられる。

佐野忠克氏は、1969年(昭和44年)4月 通商産業省入省、 1993年(平成5年)8月 総理府 細川護熙内閣総理大臣秘書官(事務担当)につき、鳩山総理と接点ができている。

当初、鳩山総理は、小泉元首相の秘書官だった飯島勲氏のように、芳賀大輔氏を首相秘書官に起用する予定だったようだが、偽装献金事件で潰されてしまった。だから、旧知の佐野氏に白羽の矢が立った、ということだ。

平野博文官房長官は14日午後の記者会見で、鳩山由紀夫首相とともに訪米して米国に残っている佐野忠克首相秘書官が、スタインバーグ国務副長官と会談することを明らかにした。米国務省「ナンバー2」が日本の首相秘書官と会談するのは極めて異例。米軍普天間飛行場移設問題について、佐野氏は日本側の検討状況などについて説明するとみられる。(時事トッドコム  2010/04/14-17:23)≫

また、記事の主旨には賛成できないが、「現代ビジネス」に「徳田虎雄との会談を仕掛けた佐野忠克首相秘書官」と題し、田崎史郎が書いている。(参照)

≪ 鳩山が動きだしたのは4月28日、徳之島出身の元衆院議員・徳田虎雄との会談からだった。そもそも徳田と会談したことがまず疑問だ。 徳田虎雄が1980年代に衆院奄美群島選挙区(定数1)で保岡興治と「保徳戦争」と呼ばれるほど激しい選挙を戦い、選挙違反で逮捕者が続出したこと、徳洲会の病院経営、彼の政治活動などを多少知っていれば、接触することにもっと注意を払っただろう。

案の定、会談内容は、同席した衆院議員の二男・毅からマスコミに公表された。毅は自民党に所属している。毅がマスコミに、あるいは自民党にすべて話してしまうことは容易に想像できたはずだ。
徳田が会談を受けた時、「これはトラップ(罠)かもしれない」という懸念を抱かなかったのだろうか。

この会談の設定は政務担当の首相秘書官・佐野忠克を中心に進められた。・・・佐野は鳩山と徳田との会談を他の秘書官はもちろん官房副長官・松井孝治らともほとんど相談しなかった。時期もまずく、住民の反対集会が4月18日に徳之島で開かれた後では、地元を説得しようとしてもできるはずがない。≫

★勝栄二郎 (元財務省事務次官)

★松元 崇(財務省)
★清水 治(財務省)
★竹歳 誠(財務省)勝栄二郎と東大時代からの盟友
★太田 充(財務省)
★宇波弘貴(財務省)
★小宮義之(財務省)
★吉井浩氏(財務省)
★井藤英樹(財務省)
★宇波弘貴(財務省)
★大串博士 衆議院議員(財務省出身)

★東京地検特捜部

東京地検特捜部の歴代トップは、全員CIAに留学し、CIAの対日工作員としての徹底的教育を受け、日本に帰国する。この教育を受けた者でなければ、東京地検特捜部、そして日本の警察機構の中で、上層部に出世する事は出来ない。

時には、防衛省の守屋事務次官の事件のように、米国CIAから東京地検への直通ファックスによる「摘発指令」が来ることもある。

★マイケル・グリーン CSISの日本部長

★ジェラルド・カーチス(コロンビア大学教授)=CIA工作員。

その妻・深井翠の父は深井武夫

日本を経済植民地にするためにマスコミに暗躍。要注意人物。大学教授、自民民主議員はCIA工作員多い。小泉純一郎と同じく、日本属国化の手先である。郵政民営化、消費税=法人税減税、外資による日本企業買収法、TPPは、米国の命令によってなされた。

 CIAエージェントリスト

★深井武夫 米国による日本情報統治の父。時事通信社

昭和24年(1949年)に当時アメリカ占領軍のC I E の調査担当のハ-バ-ト・パッシング博士等の推薦で、アメリカ、ミシガン大学のサ-ベイ・リサ-チ・センタ-に招かれた。そこで知ったことは、世論調査とともに科学的な市場調査の重要性であった。帰国後そのことはいち早く時事通信社にもたらされた。すぐにこの事が話題になり、市場調査研究会が結成され、日本で初めて世論調査を導入する。(時事通信社と共同通信はCIAによって設立された。)

★稲盛和夫

「アブシャイア・イナモリ・リーダーシップアカデミー」をCSIS内に作った。稲森は、生前から松下幸之助と昵懇で政経塾の世話人となってきた。その稲森が典型的な「ジャパン・ハンドラー」であるCSISに、政経塾メンバーを送り込むという構図。

★江口克彦

江口は松下幸之助の側近中の側近。松下の意向を受けで、松下政経塾の司令塔であるPHP研究所の社長になっでコントロールしていた。その人物が最高位に就任している以上、「みんなの党」は松下政経塾政権の別働隊と分析できる。

★加藤紘一娘、加藤亜由子
★中曽根康弘の孫、中曽根康隆
★小泉進次郎

 右の女性は、カーチス教授の娘・ジェニー

小泉進次郎 だけでない。3人とも、ジェラルド・カーティス教授とのコネで国際関係(SIPA)に入学。

★浜田和幸

CSISで研究員をしていた、国民新党所属の参議院議員。

★渡辺恒三

CIA指令「小沢抹殺」実行の主役の一人である。原発利権とCIA工作によって寝返った。国のレベルでも地方のレベルでも、渡辺恒三一族は従米ネオコンエージェント活動を主導している。

★渡辺恒三の息子、渡辺恒雄

グリーンの教え子で、肩書きもCSIS(シー・エス・アイ・エス)の研究員である。
鳩山・小澤の政権時、息子の恒雄が、前原誠司や枝野幸男ら民主党内の反小沢グループを何かあるとすぐにそそのかして民主党分裂策動を開始する。「七奉行の会」とかを作って定期的に会っている。ここに、岡田克也までがすぐにひきづられて連れて行かれる。そうして「アメリカとしては、鳩山、小沢のあとはお前たちに日本の政治を任せようと考えている」とマイケル・グリーンが、渡部恒雄と出てきて盛んに扇動していた。

★渡辺恒三の甥っ子、佐藤雄平

福島県知事

★松下政経塾

★前原誠司

★長島昭久

SAIS(ジョンズホプキンズ大学高等国際問題研究大学院)ではプレジンスキー教授のゼミで仕込まれ、防衛省の政務官を経て野田の首相補佐官。マイケル・グリーンの使い走り。

★玄葉光一郎

★長浜博行

★樽床伸二

★創価学会

自民党にCIAの政治資金を流すと同時に、会館に名を借りてCIAの事務所・拠点を建設。

★池田大作

★統一教会

CIAが文鮮明(ムン・ソンミョン)に作らせた教団。公明党が出来てからは創価学会に代わって自民党に政治資金を流すと同時に、統一教会の資金で各国会議員に秘書を提供している。秘書と言ってもCIAの情報網であり議員の監視役である。

★文鮮明(ムン・ソンミョン)

★電通

★NTT

もともとCIAが作った通信網。

★時事通信社

CIAが作った通信社。

★共同通信社

CIAが作った通信社。

★三宝会

竹下登元首相の指示で96年に設立された。新開、テレビ、週刊誌、政治家、官僚、評論家が集まって、自民党にとっで最大の脅威だった小沢一郎をメディアの力で抹殺する作戦が展開された。最高顧問は竹下登、世話人が高橋利行(読売新聞世論調査部長)、後藤謙次(共同通信 編集委員)、芹川洋一(日本経済新開政治部次長)、佐田正樹(朝日新開電子電波メディア局局長付)、湯浅正巳(選択出版)(肩書きはすべて当時)。いま現在は、共同通信、ホリプロ、朝日、毎日、読売、日経、TBS、日テレ、フジ、テレ朝、講談社、文春、プレジデント、選択、朝日出版社が会員だというから、狙われたら抹殺される。中曽根内閣によるバブル経済時代にCIAと結んで日本の核装備のために、原発の建設を財界とともに推進して、現在の破局の基盤作りをしていた。それに協力したのがマスコミという構図。

★田中健五

「諸君!」初代編集長で文春タカ派路線の生みの親。文藝春秋の取材記者を経て、「諸君-!」から「文藝春秋」の編集長を経て、その後は社長にと出世していく。

大量の政府広報が記事のスタイルで、政府の機密費として文藝春秋に流れたことは、誌面を占めた政府提供記事で明白。
右翼の日本文化会議の機関誌が、内閣調査室の資金で文藝春秋から出て、保守的な言論活動を展開したわけである。

ムサシマンサックス選挙で、さも一大事が初めて起きたように逮捕者を出したが、全選挙区で大掛かりにやっていたのである。
http://www.asyura2.com/14/cult13/msg/163.html
投稿者 ポスト米英時代 日時 2014 年 6 月 25 日 21:49:13: /puxjEq49qRk6
大勢に影響のない選挙区でこれは誤魔化しようがないという選挙区で選挙史上初めて起きたかのように報道させて幕引きしよう
としているようだが前回衆院選もボクと小沢さんとどちらが総理大臣に相応しいか選んで下さいと退陣した時のように国民は
同じ投票行動をしたのである。
そして国民の目に狂いはなく国民が選んでいない自公議員が安倍を首相に選んだらこのざまである。
ムサシマンサックス選挙で得票は誤魔化せても安倍や進次郎の脳みそを誤魔化す事はできず小泉フィーバーでも同じ事をやって
馬鹿が選ばれたように偽装し郵政を乗っ取らせてしまったのである。
しかし過ぎたるは及ばざるが如しでベルマーク委員になるべき者を生徒会長に選べば流石にこいつ通分もできないで漢字も書け
ないのにおかしいという事になり小泉の時みたいにワンフレーズで誤魔化すのは許さんぞという世論の前に馬鹿をさらして
しまったという事である。
特にさとり世代の白け方は連中も震え上がるほどでなんで俺がマックの店長で俺より馬鹿なのが総理をしてる訳ーとかなんで
俺が牛丼屋で深夜一人で頑張ってるのに俺より馬鹿なのが政務官やってる訳ーと怒りと白けの繰り返しの中でとうとうその
カラクリに気がついてしまい祖父世代のように過激な行動も親世代の無関心もないがこーゆー馬鹿を選ばせない仕組みにする
にはどうしたものかと連中の飼い主退治の方法にまで思いをはせてしまったという訳である。
もう彼らはダミーに過ぎない偽日本人や馬鹿官僚やダマスゴミに腹を立ててエネルギーを消耗する愚を犯さずにいい外圧も
利用してワンチャンスの勝負に賭けるカイジのような心境で祖父世代どころか大塩平八郎の挫折や小沢の成功と失敗に学び
大石内蔵助が女に狂って仇討ちを忘れたように見せ掛けたように世捨て人のように振る舞いさとりを自称し乾坤一擲の勝負
の為に体力を温存しているところである。
というかもう世界中が連中の複雑なように見えて単純な詐欺に飽き飽きしてB層が絶滅してしまい打つ手がなくなって手段が
だんだん粗っぽくなってきて余計にばれるという悪循環に陥りもうジャイアン方式でいいやと目算もなく突っ走っている所で
スパコンも日中にワンツーフィニッシュをされていよいよ断末魔に入りお約束の日本イジメで気をまぎらわしている所で我々
はたまったものではないが殴られながら鼻血を流しながら今日の所はこれぐらいで勘弁してやるわとサンドバッグになりながら
希望の未来を夢見て立ち続ける事である。
日本の敗北は選手に罪はないが古い偽日本が終りを告げたサインでもありドイツが米国をコールドゲームで倒してくれる事を
楽しみにガックリこない事である。  

権力は腐敗し、鯛は頭から腐る。地方にはまだ正義が残っていると信じたい。
東京地検から幹部らが大挙して押し寄せているだろうが負けてはならない。
参院選の岩手、山形、新潟、島根について、各県警・検察は不正選挙を暴け!
犬HK島田敏男は生放送にアベ晋三を招き問い詰めるべきである。
・アベ内閣は不正選挙で政権を奪取したという噂が広まっています。本当ですか?
・あなたのようなアホが総理になれるのは、マイケル・緑虫の采配と聞いていますが?
・アベ政権の政策はTPPシナリオと第3次アーミテージレポートそのものですね?
・アベ・インチキ政権下で成立した法律は全て無効であると思いますが?
~ 島田は前もってロシア行きの便を手配し、プーチンに保護をお願いしなさい。


>6月25日 検索「不正選挙」54,600,000ヒット、「不正選挙 裁判」3,450,000ヒット
>不正選挙裁判一覧 ~ 猫旅館女将の不正選挙頁
これだけ多くの不正選挙がらみの裁判が行われたのは、日本の選挙史で初めてのこと。  
http://www.marikadance.com/m/fuseisenkyo5.html
>参議院選挙・・・選挙で議員が選ばれるので、民主主義国家であるという虚偽
http://alternativereport1.seesaa.net/article/368642555.html
>米大統領選に欧州から選挙監視団 2004.08.09- CNN
http://www.asyura.com/0406/war58/msg/353.html
>日本人には知らせてはいけない①米戦略国際問題研究所(CSIS)
http://blog.goo.ne.jp/yamanooyaji0220/e/31b189c3f9bcbd9e5873cb3361a65cb7

我々の真の敵は、選挙勝者ではなくもちろん敗者でもない。彼らもしくは、彼らの代理人だ。不正選挙の黒幕について少なくとも下記3点は必見です。

1、リビアのカダフィ大佐が殺された3つの理由

2、アメリカの賢者ファラカ-ンが金融マフィアの悪徳を告発する

3、メディアが広めたイスラエルに関する10の嘘

________________________________________

不正選挙を否定する方へ!消費増税、ドル買支え、IMF拠出、原発稼動、対中韓軋轢、オスプレ購入、ファンド支え、TPP圧力、これで得をするのは誰。抵抗政党は誰?下記必見 です。

1、アメノウズメ熟 初級編から上級編まで世界のカラクリを説明。

2、スレイブ 地球規模の問題をわかりやすく解説

3、ワールドフォーラム R・コシミズ氏の初講演





大手新聞、テレビを見て信じている国民よ、現実はここまで選管は悪化、腐敗しているということだ
http://www.asyura2.com/14/senkyo175/msg/349.html
投稿者 真理を愛する者 日時 2014 年 11 月 28 日 15:48:55: NygxPubK8Q35E

>>
信じがたい開票作業の実態~こんなにあった選挙開票及び集計のブラックホール
http://blogs.yahoo.co.jp/nothigcat2000/24483851.html
以上から、次のような問題点が浮かび上がってくる。
1.立会人の統制業務の信憑性について~「立会人の承認と押印」はメクラ判
2.分類及び集計等ソフトは公的財産~プログラム内容が開示されて然るべきである。
3.開票に身元不明な派遣社員が総勢4分の1も存在し、開票に関わっている事実
4.読み取り分類機に加え、新たに計数機「ローレルバンクマシン」による不正操作の可能性
5.バーコード作成にムサシのソフトが介在しておりここでも不正疑惑が再燃
6.ムサシの集計段階での関与の可能性
7.愚かな公務員の開票に係る誤った認識~「速報」ではなく「適正」かつ「正確」を>

監視カメラは進歩したとも言えなくもなくソフトの開示も必須であるが、上記のようにブラックックホールはたくさんある。シンプル・伊豆・ベスト!


そもそも、投票用紙は選管作成ではなく、印を印刷したものをムサシが作成しているのであり、ムサシルートを使えば真券と全く同じ偽札がいくらでも手に入るということである。本来は選管が通し番号を記入・朱印を使って作成し、当日まで金庫などに厳重保管して盗難や火災に備えるため囲碁かマージャンをしながら寝ずの番で管理しなければならない。選管と選管委員長は、最初の段階から仕事をしていないということである。


さらに、開票に身元不明な派遣社員が総勢4分の1も存在し関与しているとすれば、開票は選挙管理委員会の管理下にないということであり、「選挙管理しない委員会」と改名すべきである。どうしても人手が必要なのであれば、地元の銀行や信金の職員を要請し、一万円札を数えるように手作業で念入りに数えてほしいものだ。


そもそも開票は陸上競技と違って分秒を争って報道する性質のものではない。更に投票箱を異動させるなどは暗躍の機会をムサシ一族に提供するだけのことであり、投票した場所で開票しなければ不正の入る余地が生まれるのは当然である。各投票所は、投票箱の閉鎖と同時に有権者を招き入れ、多くの観客が見守る中で開票すべきなのである。票の確定まで2~3日かかろうとも、地域の仕出し屋・スーパー・コンビニの弁当が売れて地域の活性化にもつながることだろう。


選挙もインチキマシーンを使うことなく、できるだけ原始的でシンプルなものとし、地域に密着したものとして実施すべきであり、地域のイベントとして盛り上げるべきである。

小沢はスーザンボイルである、偽物が本物を潰すのは無理である、一山いくらの自公や韓が関やダマスゴミが束になっても無駄である
http://www.asyura2.com/14/cult13/msg/664.html
投稿者 ポスト米英時代 日時 2014 年 12 月 04 日 13:13:55: /puxjEq49qRk6




今彼女が発掘された時の映像を見ているが自民党のプリンスだった小沢とは順番が違うが冷ややかな目とバッシングを跳ね返した
という意味では同じである。
馬鹿にした目でみていた審査員の一流と言われる作詞家・作曲家・歌手だかにスタンディングオべーションさせたり涙ぐませたり
させてしまった訳だが本物というのはそういうものである。
日本で政権交代を果たしたのは小沢だけでそれも二回であり二回目はゼロからのスタートでゴミ売り巨人軍がノムさんを潰そうと
してサッチーを叩きそれらがあってシダックスの監督に落ちぶれた後に野村再生工場2をやった時と同じだがその後はノムさん
すら味わった事のない過酷さだったが小泉詐欺を堂々と批判して竹中の詭弁を論破した後にのぞき魔にされ痴漢にされ服役まで
させられた後に自力で信用を回復した植草と同じで筋金入りである。
なんちゃってユダヤもなあんちゃって日本人も一人ではなにもできずいつも一山いくらの束でかかってくるが本物というのは雑魚
がいくら束になってかかってきても一時的に憎まれたり嫌われたり誤解されたりしても分かる人には分かりネット時代はその誤解
もほんの僅かな時間で謀略がバレた時に傷つくのは相手の方で今やダマスゴミの双璧のゴミ売りと朝日は毎月10万部減部という
少子化やネット化だけでは説明できない落ちぶれ方であり系列テレビ局は推して知るべしである。
そしてその背後の霞が関もその背後のなんちゃってユダヤも今やお笑い芸人扱いで中露に一位の座を奪われて両国を叩く様はクズの
中のクズという感じで馬鹿丸出しである。
二位がムサシマンサックス選挙をやるとどうなるか一位に躍り出た元さんが自民党は相手にしない毛並みがいいだけの馬鹿は相手に
しないとシカトする中で馬鹿を八百長で勝たせたらどうなるかガキでも分かる事である。
もうドル詐欺をだましだまし継続しても世界は相手にしないのに一の子分の国で八百長選挙をした所で焼け石に水である。
なんちゃってユダヤの詐欺のビジネスモデルの根本の所がばれてしまったから物量にものをいわせて目先を変えて騙そうとしても
もう無理なのである。
一方通行の報道もそうだが支配方法も双方向でなければ相手にされず民間では部下が上司を評価するのは当たり前になっているが
連中だけ特別で評価なしという訳にはいかないのでありよしんば評価なしでトップに居座り続けてもガチで登り詰めた者には相手に
されずお子様ランチ扱いされるだけで米国が中露に抜かれたというのはそういう事でもう株式を通じて支配するとか傀儡を立てて
支配するとか善悪というよりまどろっこしくてネット時代に対応できずトップの即断即決ができない国も黒幕に相談してから決断
するなどとやっていてはスピード的に対応できず二重の意味でダメダメなのである。
孫崎ですら怪獣顔の猪瀬と舛添の相対的得票率の一致に疑問を持ってしまったようだが今回は自公と非自公の得票が2対3という
制約がある中での選挙で自公の得票を増やせばおかしいという事になるし絶妙の票割りをして勝たせても不自然になるし前回の無理
のツケが回ってきて普通の感覚だったら自公敗北を受け入れる所だがまたやってしまうようだがどれだけ幼稚な理屈をでっち上げる
のか楽しみな選挙だがまた呆れさせるような出し物を用意していると思うがお金ばかりがかかりしかしレベル的には幼稚園クラスの
内容となる筈だが敵ながら連中の悪巧みを考える脳みその劣化は目を覆いたくなる馬鹿さ加減である。
ページの先頭へ

ページの先頭へ

Title

Lorem ipsum dolor sit amet, consetetur sadipscing elitr, sed diam nonumy eirmod tempor invidunt ut labore et dolore magna aliquyam erat, sed diam voluptua. At vero eos et accusam et justo duo dolores et ea rebum. Stet clita kasd gubergren, no sea takimata sanctus est Lorem ipsum dolor sit amet. Lorem ipsum

tempor invidunt ut labore et dolore magna aliquyam erat, sed diam voluptua. At vero eos et accusam et justo duo dolores et ea rebum. Stet clita kasd gubergren, no sea takimata sanctus est Lorem ipsum dolor sit amet. Lorem ipsum

ページの先頭へ

LINK