社会記事 of 敗戦71年の真実

社会記事


キャプチャ国と地方の税収の使い道.PNG


■なぜ自民党政権は毎年の税収が40-50兆円しかないのに80-90兆円のもの予算を組んで税金をばらまくのか?

【関連画像】:国と地方の税収の使いみち

なぜならば、自民党政権は、①背後いる米国支配階級とロスチャイルド国際金融マフィアに植民地としての貢物(カネ・利権・特権)を納めるため、そして自民党政権が日本の政治を永久に独占するために、下記の企業、団体、組織に政権与党の権力を使って恫喝と買収で自民党支持票を集めて総選挙に勝つためである。

▲歴代自民党政権が集票のために税金をばらまいてきた企業、団体、組織

1.銀行や証券会社など534の金融機関。売上と利益を与える。政府・財務省が毎年100兆円の国債を発行し全額を民間銀行に引き受けさせて毎年23.4兆円の【国債費】(その内利子は9兆円)を民間銀行に支払っている。(*関連画像参照)

2.電力会社や自動車メーカーや建設会社や製薬会社などの経団連大企業。売上と利益を与 てそれぞれの業界団体に組織選挙を実行させて自民党支持票を集めさせる、

3.医者や薬剤師や弁護士や公認会計士や税理士などの国家資格専門家。売上と利益を与え てそれぞれの業界団体に組織選挙を実行させて自民党支持票を集めさせる、

3.460万人の正規公務員。世界最高の報酬と待遇を与えて支持票を買収して組織選挙を実行させる。そのために毎年国と地方の税収の55.5%(49兆円)を使っている。(*関連画像参照)。、

4.717名の国会議員。一人当たり世界最高額4500万円の議員報酬と様々な議員特権を与え自民党と公明党=創価学会の与党議員だけでなく野党議員も買収する。

5.全国3万人の地方議員。高い年間報酬を与えて自民党と公明党=創価学会の与党議員だけでなく野党議員をも買収する。(例)都議会議員の年間報酬は2500万円、杉並区議会議員の年間報酬は1200万円。

6.年間340億円の国民の税金が『政党助成金』として所属国会議員の数に応じて各政党・会派に配られる。自民党が受け取る政党情勢金は年間170億円である。

6.連立政権相手のカルト宗教公明党・創価学会。利権・特権を与えて支持票を買収し組織選挙と不正選挙を実行させる。

7.大手マスコミと御用学者と御用評論家。利権・特権を与えて買収し世論誘導と国民洗脳を実行させる。

8.天皇制と自民党と米国支配階級を守るためのカルト宗教&ファシスト組織『日本会議』や『神社本庁』や『靖国神社』や『伊勢神宮』や『在特会』。

9.天皇制と自民党と米国支配階級を守るための私的暴力組織である極右暴力団。

(終り)

*************************
【杉並からの情報発信です】【YYNews】【YYNewsLive】
情報発信者 山崎康彦
メール:yampr7@mx3.alpha-web.ne.jp
*************************



今日の【宗教犯罪】

①創価学会池田カルト一派との裁判シリーズ その196

2014.12.19  高倉良一氏『白バラ通信』より転載

http://wrpandora.blog.shinobi.jp/Date/201412/

私が池田大作創価学 会名誉会長を訴えている裁判の担当裁判官を、東京地方裁 判所が創価学会員であると認めた決定をご紹介します。

おそらく、日本の 裁判史上、東京地方裁判所が、その所属する裁判官を創価学 会員であると認めたのは初めてではないかと存じます。

このブログをご覧 になっておられる皆様にお願いがあります。東京地方裁判所 の決定を大拡散なさって下さい。

ご協力のほど、何卒よろしくお願い申し上げ ます。

 私の訴訟代理人弁 護士の生田暉雄先生は、「この決定は、最高裁判所を巻き 込んだ大問題に発展する可能性がありますよ。」と言われています。

      記

平成2 6年(モ)第3 5 4 7号裁判官に対する忌避の申立て事件

(基本事件・平成2 6年(ワ)第2 2 7 5 6号)

      決定

    住所 略

      申立人       髙倉良一

      同代理 人弁護士  生田暉雄

主文

本件申立てを却下す る。

理由

第1申立ての趣旨及 び理由

申立人は「裁判官杜 下弘記を忌避する。」との裁判を求め,その理由として 【別紙】「忌避理由書」(写し)記載のとおり主張する。

第2当裁判所の判断

1申立人は,宗教法人創価学会(以下「創価学会」という。)及び池田大作(以 下「池 田」という。)を被告とする基本事件の担当裁判官である
杜下弘記 裁判 官(以下「本件裁判官」という。〉が創価学会の会員であるとし て,本件裁判官 について「裁判の公正を妨げるべき事 情」
(民訴法2 4条1項) がある旨主張する。

し かし,本件裁判官が,創価学会の会員であることにより,創価学会及び池田 と特別に懇意な関係や怨恨関係にあるとか,基本事件の
終局的 判断について 経 済的な特別の利害関係を有するというような特段の事 情がある場合は格別,本件 裁判官が創価学会の会員
であるという一事をもって,裁判の公正を妨げるべき 事情に該当すると認める ことはできないというべきである。

基本事件は,申立人 が,創価学会及び池田との間の別件訴訟において,池田に 訴訟能力がないにもかかわらず創価学会及び池田が池田に
訴訟能力が備わってい るかのように申立人を欺いたとして,創価学会及び池田 に対し,不法行為 に基 づき損害賠償を求める事案であるところ,
仮に本件裁判官が創価学会の会員であ るとしても,それだけでは創価学会及び 池田と特別に懇意 な関係や怨恨関係 に あるとか,基本事件の
終局的判断について経済的な特別の利害関係を有するとい うような特段の事情 があるとはいえず,一件記録を精査して も,本件裁判官に ついて
裁判の公正を妨げるべき事情があるとは認められない。

2したがっ て,本件忌避の申立ては理由がないからこれを却下することと し, 主文のとおり決定する。

平成26年12月4日

東京地方裁判 所民事第25部

裁判長裁判官 矢尾 渉

裁判官    家原 尚秀

裁判官    高木 俊明

これは?本である。

平成12年12月4日

東京地方裁判所民事第25部
裁判所書記官 尾崎 亜希 最新社会記事 国内


|1|2|

次のページへLinkIcon

CornerTopic

Title

At vero eos et accusam et justo duo dolores et ea rebum. Stet clita kasd gubergren, no sea takimata sanctus est Lorem ip

LinkIcon詳しくはこちら

Title

At vero eos et accusam et justo duo dolores et ea rebum. Stet clita kasd gubergren, no sea takimata sanctus est Lorem ip

LinkIcon詳しくはこちら

Title

At vero eos et accusam et justo duo dolores et ea rebum. Stet clita kasd gubergren,

LinkIcon詳しくはこちら

ページの先頭へ

LINK