counter アクセスカウンター

ポスト米英時代2 of 敗戦71年の真実

ネタニヤフ失脚、英王子米訪問、仏が露訪問、オバカ酒浸り、米英仏イ体制崩壊、自公を不正で圧勝させても無意味である。
http://www.asyura2.com/14/cult13/msg/683.html
投稿者 ポスト米英時代 日時 2014 年 12 月 09 日 09:08:15: /puxjEq49qRk6




イスラエルというビジネスモデルどころか米国というビジネスモデルも崩壊するようである。
棺桶に両足突っ込んで後は脚絆を装着するだけのババザべスが当然ながら退位を決断したようだが息子ではなく孫が即位する
のがサプライズなのではないかという気がするがもう王室詐欺の時代ではないし民間であれば親父がアホなら息子が飛び級で
社長に就任するのは当たり前だがお局様のようなババザべスが隠居するのはよい事である。
イランと中露の結束が本物になってきてイスラエル詐欺やイスラム国詐欺が通用しなくなってきた米英は半世紀以上に渡る
イスラエル詐欺を店仕舞いするようだが二世紀に渡るアメリカ詐欺も危うくなってきたのだから当然である。
連中は911以降老舗国家のフランスを不良の道に引き摺りこんで欧州での悪さをやり易くしてきたがアンチ米英を貫いてこそ
フランスという原点回帰があったようで仏露が組めばウクライナ詐欺の収束は見えたも同然である。
欧州は米英にいいように中露に対する盾にされてきた事に気が付きこれまでの反動で米英包囲網が簡単にできてしまうオセロ
政局である。
オリンピック改革も発表され私の大好きな30人31脚もオリンピック種目になりそうな気配だが百メートルだとすっ転んだ
選手が円谷幸吉みたいに責任を感じて自殺してしまうから駅伝型にして男女混合にしてガキも年寄りもデブも三人ずつ入れなけ
ればいけないようにしてタイムだけでなくどれだけ笑いを取れたかで判定するようにして面白いオリンピックにしていく事である。
そんな激変の時に馬鹿を沢山当選させてアホを首班指名させるとか親会社が喜ぶような人事を小泉以降続けているが親会社自体が
破綻しそうなのだから新たな取り引き先を開拓して親会社との手形取り引きは縮小して共倒れを防がなければ駄目で連帯保証から
も早く外れなければ駄目である。
それには馬鹿を一人でも多くし間抜けを一人でも多く当選させなければ駄目でその繰り返しの中で議員のレベルがアップしていく
のである。
世界の空気を読まなければ駄目である。  

パリでの風刺週刊誌『シャーリー・エブド』本社襲撃事件の直接の動機は、 『シャーリー・エブド』がイスラム教の預言者ムハンマドを
侮辱した漫画を掲載したためと言われている。

しかし本当の動機は、米国軍産複合体=ネオコン・シオニスト戦争派とロスチャ イルド国際金融マフィアがイスラム教過激派を使って
『キリスト教 VS イスラム教』『ヨーロッパ文明 VS イスラム文明』の対立を意 図的に煽ってヨーロッパで戦争を引き起すことにあるのだ!

今週水曜日1月7日午前11時過ぎ、イスラム過激派のアルジェリア系フランス人3 人がパリの風刺週刊誌『シャーリー・エブド』の本社を襲撃し、
編集会議中の編集者と風刺漫画家ら10人と警備中の警官2名を射殺して逃走し た。犯人の兄弟はパリ北東部の印刷会社に立てこもり
包囲した警官隊に射殺され人質は全員無事に解放された。

また週刊誌襲撃と呼応して、パリ東部では襲撃犯と関係する黒人がユダヤ食品店 を襲い人質を取って立てこもっったが、
警察の突入で犯人は射殺されたが人質4人が殺される大惨事となった。

これは、極東で中国と日本、中国と台湾、北朝鮮と韓国、北朝鮮と日本との間で 戦争を起こそうとするネオコンの一連の動きと同じであり、
また中東でイスラエルとパレスチナ、イスラエルとシリア、イスラエルとイラ ン、イスラム教スンニ派過激派【イスラム国】と米国+有志連合との間で
戦争を引き起こしているのと同じ動きなのだ。

これら一連の『キリスト教 VS イスラム教』や『ヨーロッパ文明 VS イスラム文 明』を意図的に煽り戦争へと誘導する【戦争勃発策動】の
背後にいる真の敵は『諸悪の根源』であるネオコンとロスチャイルド国際金融マ フィアであることを我々は見抜かなければならない。

また『聖戦で殉教すれば天国に行ける』と大嘘を言って若者を洗脳し自爆テロの 首謀者に仕立てあげてテロを実行させている
イスラム過激派の指導者たちは、ネオコン・シオニストとロスチャイルド国際金 融マフィアから資金と武器と軍事訓練を受けていることもまた
見抜かねばならないのだ。

露が米の攻撃を受け止め、中をフリーにし、中欧同盟進行中、サイバー戦争はリアルタイムで見物する時代です。
http://www.asyura2.com/14/cult13/msg/852.html
投稿者 小沢内閣待望論 日時 2015 年 1 月 10 日 12:36:10: 4sIKljvd9SgGs




米が嫌がるEUを伴ってロシアを攻撃している間に、傷ついたEUに中国が優しく手を差し伸べるという、ツートップ作戦というか間男作戦が上手く行っているようで、中欧同盟も近そうです。
結局、二位に転落した米国がジャイアンをやっても迫力がなく、ただ嫌われるだけの話で、一位に優しくされたらアラサーでなくてもイチコロで、米英は女の扱いもEUの扱いも下手くそという事です。
それに引き換え、中露のぼけとつっこみというか豪腕投手とそれを活かす捕手のバッテリーというか、コスタリカ方式は秀逸です。
ところで、サイバー戦争はリアルタイムで見られる時代のようで、これほど戦争詐欺をおちょくるものはありません。
これでは全世界が米国を嫌っているのが丸分かりで、いくらダマスゴミに中露を悪の枢軸だとデマを流させても、傀儡に中露を批判させても、どちらが悪党か明白です。
また、相変わらず、イスラム過激派詐欺をやらせていますが、サイバー戦争の時代に、ツイッターやラインの時代に、それを活用せずに問答無用でテロを起こすとか、双方向時代に一方通行に拘る連中と言えば、話し合いで解決したら商売上がったりの連中という事になり、いくらアラーアクバルとかジハードだとか言っても、普通の被害者は後先考えず報復などしないし、謝罪や解決を求めるもので、事態をこじらせるような事はせぬもので、テロを起こす者は、違う目的があると考えざるを得ず、また米英の通信傍受をくぐり抜けて仕返しをするというのはかなり高度な能力が必要で、能力の高い者はしょーもないテロより交渉やより高度な復讐をするもので、それでも尚テロに拘るという事は、復讐ではなく受注という事で、発注者はテロにより何らかの利益を得る者という事になり、またお前かという結論になるという事です。
タイタニック詐欺に始まり、ドル詐欺を一世紀続けてきて、ネットにお金のカラクリを暴かれ、にっちもさっちもゆかなくなった連中が、非ドル決済を着々と進める中露が憎くてたまらず、子分が離れて行くのが許せず、逆ギレしていると考えるのが自然です。  

パリ南部で銃撃戦、東部で食堂爆破、オランド発言直後の新聞社襲撃といい、背後に米国の匂いを感じます。
http://www.asyura2.com/14/cult13/msg/848.html
投稿者 小沢内閣待望論 日時 2015 年 1 月 09 日 11:06:19: 4sIKljvd9SgGs




オランドが農業団体などに突き上げられて、対露制裁解除を提案したり、ロシアの立場を代弁したらこの有り様で、イスラム過激派の仕業を装った、対露制裁過激派の仕業と考えた方が自然です。
マレー機の件も、ダマスゴミはロシアの仕業だとギャーギャー騒ぎ、ポロチンコの仕業だと分かると黙りこくっていますし、イスラム国もサイモンだリバプール訛りだマケインだイスラエルだと名が上がったら黙り始めていますが、要はドル詐欺陣営が騒いでいるという事だと思います。

スマホ世代は、反自公でも、反ダマスゴミでも、反霞ヶ関でも、反米でもなく、通貨発行権デモに踏み切りました。
http://www.asyura2.com/14/cult13/msg/844.html
投稿者 小沢内閣待望論 日時 2015 年 1 月 08 日 18:59:16: 4sIKljvd9SgGs




彼らは、三度にわたる不正選挙を白けて見ていましたが、このまま自公の好き放題を見過ごすのかと思いきや、その上も、またその上も飛び越して、国際金融資本に対してデモを起こすという、快挙に出ました。
それも当然で、このまま自公の方針通りに進めば、戦争は起こされるわ、戦費として日本の富を全て奪われるわで、消費増税がどうだとか、年金削減がどうだとか、非正規がどうだとかいう次元ではなく、命まで差し出させられる事態まで追い込まれたのですから、根本療法に目が向くのは当然です。
もはや陰謀論とか笑っている場合ではなく、カツアゲが命にまでおよび始めた訳で、彼らが立ち上がるのも当然です。
これから、統一地方選ですが、この選挙は、地方選ながら国政選挙以上にレベルの高い、国際政治の是非を問う、本質的な選挙となる様相です。

イスラム過激派は、非日本人右翼と同じ、バックに米英イがいて、テロの責任転嫁をする手法です。
http://www.asyura2.com/14/cult13/msg/841.html
投稿者 小沢内閣待望論 日時 2015 年 1 月 08 日 14:55:57: 4sIKljvd9SgGs




もう、びんさんとアルカイダの関係がヒトラーとナチスの関係同様に、米英イが背後にいるのは明らかです。
昨日、オランドがロシア支持を表明したら、新聞社が襲撃されるとか、あまりに分かりやす過ぎます。
イスラム国も、バグはサイモンで、バックがマケインで、イスラエルが演技指導をしている事がバレています。
日本の過激派も、今考えれば、米軍が動かなかったのが不自然で、テルアビブの銃乱射だのよど号だのと、米イの協力がなければできる訳がありません。
いいい加減、ドル詐欺陣営は茶番をやめる事です。
ページの先頭へ

日本の島根県一県と同じ、または世界最貧国155位のアフリカ・コンゴ共和国と 同じGDP 1億9000億円の経済力しかない北朝鮮が、
なぜ核兵器やミサイルの開 発できるのか?な ぜ200万の常備軍を維持できるのか?

なぜならば、北朝鮮は表では中国が支援していることになっているが、裏で実質 的に支えているのは米軍産複合体=ネオコンとロスチャイルド
国際金融 マフィ アとイスラエル・シオニストおよびサウジアラビアなどの産油 国であり、北朝鮮 を日本と韓国への【脅威】を演じさせることで、
日本と韓国を米 国の植民地支 配と搾取を永遠に継続させる目的があるのだ。

それは、米軍産複合体=ネオコンとロスチャイルド国際金融マフィアとおよびサ ウジアラビアなどの産油国がイスラエルを支援し、パレスチナや
中東諸 国への 【脅威】を演じさせることで米国の中東諸国での植民地支配と搾 取を継続させる ているのと同じなのだ。

それは、米軍産複合体=ネオコンとロスチャイルド国際金融マフィアとイスラエ ル・シオニストおよびサウジアラビアなどの産油国が創設し
支援してい る【ア ルカイダ】や【タリバン】や【イスラム国】や【ヌスラ戦 線】や【ボコハラム】 などのイスラム過激派が、アフガニスタンやパキスタン
やイラク やシリアやナ イジェリアで暴れさせその地域の【脅威】を演じさせ、 ある限度を超えたところ で米国が一斉に壊滅させ、その地域の【覇権】を
握るのと 同じなのだ。

MENU

ページの先頭へ

Title

Lorem ipsum dolor sit amet, consetetur sadipscing elitr, sed diam nonumy eirmod tempor invidunt ut labore et dolore magna aliquyam erat, sed diam voluptua. At vero eos et accusam et justo duo dolores et ea rebum. Stet clita kasd gubergren, no sea takimata sanctus est Lorem ipsum dolor sit amet. Lorem ipsum

tempor invidunt ut labore et dolore magna aliquyam erat, sed diam voluptua. At vero eos et accusam et justo duo dolores et ea rebum. Stet clita kasd gubergren, no sea takimata sanctus est Lorem ipsum dolor sit amet. Lorem ipsum

ページの先頭へ

LINK